コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒船山 あらふねやま

7件 の用語解説(荒船山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒船山
あらふねやま

群馬県長野県の境にある火山。標高 1423m。群馬県側から見ると平らな山頂部とそれを取り巻く壮大な絶壁が,荒海を行く船のようで,山名の由来とされる。山頂の平坦部は,玄武岩溶岩台地で浸食から免れた地域である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あらふね‐やま【荒船山】

群馬県南西部、長野県との境にある火山。標高1423メートル。山頂は溶岩台地で、荒船山神社がある。あらふねさん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荒船山【あらふねやま】

群馬・長野県境にそびえる火山。標高1423m。中新世および更新世の堆積岩,火山砕屑(さいせつ)岩を基盤とした安山岩からなる。山体は巨大な溶岩台地状を呈し,北端は約170mの絶壁をなす。
→関連項目下仁田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あらふねやま【荒船山】

群馬県南西部,長野県との県境にある山で,船の形に似た特異な山形は高崎線の車窓からも望める。台状で平たんな山稜は東西幅0.3km,南北の長さ1.5kmあり,比高200mの崖に囲まれ,その北半は艫(とも)岩と呼ばれる。標高はほぼ1340m,最高点は南端の京塚山(1423m)である。付近には兜岩山(1368m),熊倉峰(1234m),立岩(1266m),毛無岩(1281m)が突起するが,いずれも荒船山と同じ玄武岩質安山岩と下層の溶結凝灰岩からなり,基盤の第三紀中新統の上に載っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あらふねやま【荒船山】

群馬県南西部、長野県との境にある火山。海抜1423メートル。山頂は平坦な溶岩台地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(長野県)〕荒船山(あらふねやま)


群馬・長野県境にある台状の山。標高1423m。妙義(みょうぎ)荒船佐久(さく)高原国定公園の一画を占める。第三紀層の上をおおった火山噴出物が浸食され、玄武岩(げんぶがん)質の硬い部分だけが南北1.4km、東西400mにわたり平坦(へいたん)な山頂部として残ったメサ状溶岩台地。北端の艫(とも)岩は標高差約170mの絶壁となる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒船山
あらふねやま

群馬県南西部、長野県境に接する火山。標高1423メートル。第三紀層の上に、安山岩や凝灰岩があり、山頂は南北約1400メートル、東西約400メートルの平坦(へいたん)な玄武岩の溶岩台地で、台地の北端は約170メートルの絶壁になっている。この台地上に荒船山神社がある。形がひときわ目だち、荒海を行く船の形にみえるのでこの名がついたという。長野県では砥石(といし)に例えて砥山(とやま)という。妙義(みょうぎ)荒船佐久高原国定公園に属し、高崎から上信電鉄下仁田(しもにた)駅下車、バスと徒歩による好適のハイキングコース。北方に神津(こうづ)牧場がある。[村木定雄]
『佐川栄次郎著『荒船火山地質調査報文』(1898・震災予防調査会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒船山の関連キーワード駒ヶ岳茶臼山にかほ三ノ峰人形山十石犬六合〈村〉新〈町〉長野県下伊那郡売木村真田〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒船山の関連情報