コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十石峠 じっこくとうげ

3件 の用語解説(十石峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十石峠
じっこくとうげ

群馬県南西部の上野村と長野県佐久穂町との境にある峠。標高 1356m。十石峠街道 (国道 299号線) が通る。地名は1日 10石の米を佐久地方から米の乏しい神流川流域に運んだことに由来。付近一帯は妙義荒船佐久高原国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(長野県)〕十石峠(じっこくとうげ)


群馬・長野県境の関東山地を越える峠。標高1351m。江戸時代、佐久(さく)地方(長野県)の米を神流(かんな)川流域(群馬県)へ運ぶ道として利用されたが、峠名は1日10石の米が輸送されたことによるという。現在、国道299号が通じるが、群馬県上野(うえの)村側は難路のためトンネル掘削計画が検討されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十石峠
じっこくとうげ

群馬県南西部の多野(たの)郡上野(うえの)村と長野県南佐久(みなみさく)郡佐久穂(さくほ)町の県境にある峠。標高1351メートル。神流(かんな)川と支流の黒(くろ)川に沿い、東西に走る十石峠街道唯一の重要な峠。群馬・長野両県を結ぶ。十石峠の名は、江戸時代に日に10石(1800リットル)の米を佐久地方から、米のとれない神流川流域地方に運んだことから出たという。馬の背に乗せて運んだもので、上野村白井(しらい)には白井関所があった。十石峠街道は蛇行して流れる神流川の北岸で、断崖(だんがい)や峡谷が多く、人や馬の転落事故が多かったので、かつては河岸のあちこちに供養の卒塔婆(そとば)がみえた。いまは峠を通る人も少ない。妙義荒船(みょうぎあらふね)佐久高原国定公園に含まれる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十石峠の関連キーワード安房峠神流川秩父山地沖を越える山越え死線を越える飛越える胯越える度を越える北沢峠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十石峠の関連情報