コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十石峠 じっこくとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十石峠
じっこくとうげ

群馬県南西部の上野村と長野県佐久穂町との境にある峠。標高 1356m。十石峠街道 (国道 299号線) が通る。地名は1日 10石の米を佐久地方から米の乏しい神流川流域に運んだことに由来。付近一帯は妙義荒船佐久高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(長野県)〕十石峠(じっこくとうげ)


群馬・長野県境の関東山地を越える峠。標高1351m。江戸時代、佐久(さく)地方(長野県)の米を神流(かんな)川流域(群馬県)へ運ぶ道として利用されたが、峠名は1日10石の米が輸送されたことによるという。現在、国道299号が通じるが、群馬県上野(うえの)村側は難路のためトンネル掘削計画が検討されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十石峠
じっこくとうげ

群馬県南西部の多野(たの)郡上野(うえの)村と長野県南佐久(みなみさく)郡佐久穂(さくほ)町の県境にある峠。標高1351メートル。神流(かんな)川と支流の黒(くろ)川に沿い、東西に走る十石峠街道唯一の重要な峠。群馬・長野両県を結ぶ。十石峠の名は、江戸時代に日に10石(1800リットル)の米を佐久地方から、米のとれない神流川流域地方に運んだことから出たという。馬の背に乗せて運んだもので、上野村白井(しらい)には白井関所があった。十石峠街道は蛇行して流れる神流川の北岸で、断崖(だんがい)や峡谷が多く、人や馬の転落事故が多かったので、かつては河岸のあちこちに供養の卒塔婆(そとば)がみえた。いまは峠を通る人も少ない。妙義荒船(みょうぎあらふね)佐久高原国定公園に含まれる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十石峠の関連キーワード中里(群馬県)上野[村]佐久[町]上野(村)志賀坂峠十石みそ群馬県十石犬流域万場中里

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十石峠の関連情報