コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山峠 うちやまとうげ

4件 の用語解説(内山峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内山峠
うちやまとうげ

群馬県下仁田町長野県佐久市の境にある峠。標高 1066m。古くから長野県の佐久地方と下仁田を結ぶ交通路にあたり,江戸時代には中山道の脇往還である信濃別路が通り,佐久地方の米が上州地方や江戸へ運ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うちやまとうげ【内山峠】

群馬県甘楽(かんら)郡下仁田町と長野県佐久市の境にある峠。標高1066m。下仁田町から佐久市に通じる国道254号線が通る。この道路は近世,中山道の脇往還(信濃別路)として知られ,姫街道とも呼ばれ,佐久米や越後米が上州へ運ばれていた。現在は妙義荒船佐久高原国定公園のほぼ中央にあたり,荒船山,物見山,神津(こうづ)牧場などへのハイキングコースの基点となっている。【有末 武夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちやまとうげ【内山峠】

群馬県下仁田しもにた町と長野県佐久市との境にある峠。海抜1066メートル。中山道の脇往還が通じ、現在も国道が通る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内山峠
うちやまとうげ

群馬県甘楽(かんら)郡下仁田(しもにた)町と、長野県佐久(さく)市との境にある国道254号上の峠。熊倉(くまくら)峰(1234メートル)の南にある。現在の峠は標高1066メートルで、1940年(昭和15)に車道として開削されたものであるが、江戸時代、佐久の米や酒と下仁田側の竹細工、こんにゃくなどの物資輸送の峠であった。1978年(昭和53)峠下に内山トンネルが完成。峠一帯は牧場や別荘地帯になり、ここから妙義荒船スーパー林道経由で軽井沢(かるいざわ)にも通ずる。峠からの眺めが優れ、眼前の荒船(あらふね)山から八ヶ岳(やつがたけ)連峰などが見え、6月下旬に咲くレンゲツツジもみごとである。荒船山登山コースの入口となっている。妙義荒船佐久高原国定公園に含まれる。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内山峠の関連キーワード群馬県甘楽郡下仁田町上小坂群馬県甘楽郡下仁田町川井群馬県甘楽郡群馬県甘楽郡下仁田町下小坂群馬県甘楽郡下仁田町下郷群馬県甘楽郡下仁田町下仁田群馬県甘楽郡下仁田町西野牧群馬県甘楽郡下仁田町平原群馬県甘楽郡下仁田町馬山群馬県甘楽郡下仁田町本宿