コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姦通罪 かんつうざいEhebruch

5件 の用語解説(姦通罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姦通罪
かんつうざい
Ehebruch

配偶者のある者が,配偶者以外の者と性的関係に陥る罪。 1947年の刑法一部改正以前は 183条によって,有夫の婦女が夫以外の男性と性的に関係をもったとき,夫の告訴をまって本罪で処罰された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんつう‐ざい【×姦通罪】

夫のある女性が夫以外の男性と性的関係を結んだとき、その女性と相手の男性とに成立する犯罪。刑法第183条が禁じていたが、同条は昭和22年(1947)に削除された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんつうざい【姦通罪】

日本の旧憲法下では,姦通は,妻が行った場合は,夫の告訴によってその妻と相手の男とが処罰されたが,夫が行った場合は,その相手が人妻でない限り処罰されなかった(刑法183条。刑は2年以下の懲役)。しかし戦後,現行憲法に男女の平等(14条),夫婦の平等(24条)がうたわれたのに伴い,夫婦とも平等に処罰するか,あるいは両方とも不処罰とするかの必要が生じた。処罰・不処罰それぞれから生ずる種々の効果,刑法と道徳の役割等をめぐって,激しい議論が交わされたが,結局不処罰論が国会で多数を占め,1947年に姦通罪の規定は削除された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんつうざい【姦通罪】

夫のある女性が夫以外の男性と姦通することによって、その女性と相手方について成立する犯罪。1947年(昭和22)廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姦通罪
かんつうざい

夫または妻がそれ以外の男女と性的関係をもつことを犯罪として処罰の対象とする場合をいう。第二次世界大戦前の刑法では、第183条において、「有夫ノ婦姦通シタルトキハ二年以下ノ懲役ニ処ス 其(その)相姦シタル者、亦(また)同シ(1項)。前項ノ罪ハ本夫ノ告訴ヲ待テ之(これ)ヲ論ス 但(ただし)本夫姦通ヲ縦容(しょうよう)シタルトキハ告訴ノ効ナシ(2項)」と規定されていた。戦後、妻の場合だけを本罪によって処罰し、夫の姦通については処罰しないのは憲法第14条における男女平等の原則に違反するという考え方が支配的となった。そこで、本罪の改正にあたって双方とも処罰するか双方とも処罰しないかが争われ、1947年(昭和22)の刑法一部改正で、姦通罪の規定は削除されることとなった。ただ民法上は、姦通は不法行為にあたり損害賠償の対象となる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の姦通罪の言及

【女性運動】より


[フランス]
 フランスでは,大革命のときに,O.deグージュが〈女性と女市民の権利宣言〉(1791)を発表し,女性たちはパンを要求して行進をしたり,独自の革命運動の組織もつくった。だがその後に成立したナポレオン法典によって女性の地位は低くおさえられ,革命のときに撤廃された姦通罪は1810年に,離婚の禁止は16年に復活した。このためフランスの女性運動では,イギリス,アメリカ合衆国とは異なって女性参政権よりは家族,職業労働,教育の問題に重点がおかれた。…

※「姦通罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姦通罪の関連情報