コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人学級 ふじんがっきゅう seminar for women

3件 の用語解説(婦人学級の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婦人学級
ふじんがっきゅう
seminar for women

女性教育の形態の一つ。女性が日常生活や職業生活を通じての課題を一定期間にわたって,計画的,集団的に学習することを目的とする社会教育の一環。第2次世界大戦後,参政権の行使をはじめとした社会の民主化と,地域社会や家庭生活の民主化に向けて女性を啓発することを目的として始まり,1950年代中頃から婦人団体活動と並んで女性教育の中心的形態となっていく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんがっきゅう【婦人学級】

市町村の教育委員会公民館,また婦人団体が行う社会教育事業で,全国各地で広く普及している。家庭婦人を対象とした社会教育は第2次大戦前から盛んであったが,戦後の昭和20年代に,女性の社会的地位の向上と新しい家庭生活の担い手としての自覚を促す学級形式の婦人教育が,婦人学級,婦人教養講座,生活学級などの名称で始められるようになった。また,文部省は1956年度から婦人学級の普及発達のために委嘱婦人学級の制度を設け,市町村に事業費補助を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじんがっきゅう【婦人学級】

成人女性を対象として、市町村教育委員会や女性団体が比較的長期にわたって計画的に開設する学習の組織。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の婦人学級の言及

【女子教育】より

… 他方,社会教育のなかの女子教育,いわゆる婦人教育も戦後著しく発展してきた。1956年から生活課題に即した集団学習の場としての婦人学級,婦人講座が,64年から家庭教育に関する集団学習の場としての家庭教育学級,家庭教育講座(両親対象であるが実質的には女性対象)が,76年から女性の能力・技術の提供を通してその人間性を高める学習の場としての婦人ボランティア育成講座などが,それぞれ数多く市町村で開設されている。また,1952年結成の全国地域婦人団体連絡協議会(地婦連)など多様な女性団体による学習活動も見のがせない。…

※「婦人学級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

婦人学級の関連キーワード教育委員会教育委員会法教育長教科書の採択学齢簿八重山教科書問題教育委員長と教育長教科書採択中教審の教育委員会見直し案教育委員会(米)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

婦人学級の関連情報