コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子供歌舞伎 こどもかぶき

世界大百科事典 第2版の解説

こどもかぶき【子供歌舞伎】

子どもだけで一座を組織した歌舞伎からくり人形の竹田芝居が,からくりの前芸または間狂言として江戸中期に始めたもので大坂で流行した。ちんこ芝居,首振り芝居,身振り狂言などともいい,多くは浄瑠璃につれて無言で身振りや表情をみせた。人形芝居の形式を歌舞伎が継承し,明治中期に初世中村吉右衛門,初世中村又五郎らを中心とした子供芝居が流行,これは役者養成の役割も果たした。一方民俗芸能では,曳山(ひきやま)狂言といわれる山車の上で行われる子供歌舞伎が,滋賀県長浜市岐阜県不破郡垂井町石川県小松市などで神社の春祭を中心に奉納されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子供歌舞伎の関連キーワード市川 箱登羅(3代目)子供歌舞伎[長浜]吉田(広島県)会津田島祇園祭揖斐川(町)長浜曳山狂言酒井 マサ子各務原(市)豊沢 重松砺波(市)伊藤春斗曳山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子供歌舞伎の関連情報