コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村吉右衛門 ナカムラキチエモン

5件 の用語解説(中村吉右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐きちえもん〔‐キチヱモン〕【中村吉右衛門】

[1886~1954]歌舞伎俳優。初世。東京の生まれ。3世中村歌六の長男。屋号、播磨(はりま)屋。9世市川団十郎の芸風を継承し、立ち役を得意とした。6世尾上菊五郎と菊吉時代をつくった名優。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中村吉右衛門【なかむらきちえもん】

歌舞伎俳優。現在2世。屋号播磨(はりま)屋。初世〔1886-1954〕は3世中村歌六(かろく)の長男。青年時代6世尾上菊五郎らと市村座で人気を集め,壮年以後も昭和の歌舞伎に貢献。
→関連項目中村勘三郎播磨屋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらきちえもん【中村吉右衛門】

歌舞伎俳優。屋号播磨屋,家紋揚羽蝶。(1)初世(1886‐1954∥明治19‐昭和29) 本名波野辰次郎。3世中村歌六の長男として浅草に生まれ,1897年吉右衛門の名で初舞台。幼少から頭角を現し,浅草座の子供芝居で活躍,のち6世尾上菊五郎とともに市村座に出演し,菊吉時代を作る。21年市村座脱退,43年中村吉右衛門劇団を組織,47年菊五郎とともに芸術院会員となり,51年文化勲章受章。9世市川団十郎の芸風の継承者として《嫩軍記》の熊谷,《盛綱陣屋》の盛綱,《逆櫓》の樋口,その他時代物に数々の名品を残したほか,父歌六の上方物や,菊五郎と2人で演じた生世話(きぜわ)狂言にも優れたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかむらきちえもん【中村吉右衛門】

(初世)(1886~1954) 明治から昭和期の歌舞伎俳優。屋号、播磨屋。東京生まれ。三世中村歌六の長男。口跡にすぐれた。立ち役、特に時代物に古格の演技を見せ、六世尾上菊五郎と菊吉時代を現出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村吉右衛門
なかむらきちえもん

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号播磨(はりま)屋。[服部幸雄]

初世

(1886―1954)3世中村歌六(かろく)の長男。本名波野辰次郎。3世時蔵、17世勘三郎の兄。俳名秀山(しゅうざん)。1897年(明治30)中村吉右衛門の芸名で初舞台。明治末期から大正初期にかけて、6世尾上(おのえ)菊五郎とともに二長町(にちょうまち)の市村座に出演し、いわゆる市村座時代(二長町時代ともいう)を築き、9世市川団十郎、5世尾上菊五郎亡きあとの歌舞伎界に新風を送り、「菊・吉」と並び称されて近代歌舞伎の一時期を画した。9世団十郎の芸風を継承するとともに、父3世歌六から教えられた上方(かみがた)風の芸風を巧みに吸収し、正統派の時代物役者として昭和歌舞伎の代表的名優となった。役に感情を込めた情熱的な演技と、卓越した台詞(せりふ)術を駆使して観客を沸かせた。石切梶原(いしきりかじわら)、盛綱(もりつな)、熊谷(くまがい)、清正などは格別の当り役だった。1947年(昭和22)日本芸術院会員となり、51年に文化勲章を受けた。[服部幸雄]

2世

(1944― )本名波野辰次郎。初世の女婿松本白鸚(はくおう)の次男。初世の養子となる。1966年(昭和41)10月、中村万之助から2世吉右衛門を襲名した。兄の9世松本幸四郎とともに、平成歌舞伎を代表する俳優の一人として活躍している。2002年(平成14)日本芸術院会員となる。
 なお、宝暦(ほうれき)~文化(ぶんか)年間(1751~1818)に、上方に初世・2世の同名の俳優があったが、播磨屋の吉右衛門とは関係がない。[服部幸雄]
『『吉右衛門日記』(1956・演劇出版社) ▽小宮豊隆著『中村吉右衛門』(1962・岩波書店) ▽2世中村吉右衛門著『物語り』(1996・マガジンハウス) ▽『中村吉右衛門の歌舞伎ワールド』(1998・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村吉右衛門の関連キーワード尾上菊五郎(六代)揚羽揚羽蝶・鳳蝶沢瀉屋歌舞伎子歌舞伎役者名題下播磨屋三河屋黒揚羽蝶

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村吉右衛門の関連情報