コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学連事件 ガクレンジケン

デジタル大辞泉の解説

がくれん‐じけん【学連事件】

大正14年(1925)、京都で、学連の指導的メンバーが治安維持法違反・不敬罪などの理由で検挙された事件。翌年にかけて全国的規模で大学教授も含めた検挙が行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

学連事件【がくれんじけん】

全日本学生社会科学連合会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくれんじけん【学連事件】

1925‐26年に起こった最初の治安維持法適用の学生運動弾圧事件。1922年11月7日,ロシア革命5周年記念の日に東大新人会を中心に学生連合会が結成され,24年9月には学生社会科学連合会と改称した。学連は,25年7月,京大で第2回大会を開催し,会員はマルクス主義を指導精神とし無産階級運動の一翼としてその解放のために教育運動に従事するという主旨のテーゼを採択し,連合体を全国的集権組織にする規約改正,会員をマルクス=レーニン主義の立場で教育する教程作成などを決定した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がくれんじけん【学連事件】

1925年(大正14)学連所属の京大生らが「不穏文書」の出版をしたとの口実で、初めて治安維持法を適用されて逮捕された事件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学連事件
がくれんじけん

全日本学生社会科学連合会(学連)の会員が治安維持法違反の最初の適用を受け、活動を弾圧された事件。京都学連事件、京都学生事件ともいう。1925年(大正14)12月1日、不穏びらを口実に京都帝大、同志社大の学生33名が逮捕され(第一次)、いったん釈放されたが、翌26年1~4月に、河上肇(はじめ)、河上丈太郎(じょうたろう)、新明(しんめい)正道ら諸教授が家宅捜索を受けるとともに、岩田義道(よしみち)、鈴木安蔵、石田英一郎(京都帝大生)、野呂栄太郎(のろえいたろう)(慶大卒)、後藤寿夫(林房雄、東京帝大生)らの学生たち38名が治安維持法違反・出版法違反・不敬罪を理由に全国的に検挙された(第二次)。9月までに全員が釈放されたが、27年(昭和2)5月30日の第一審(京都地裁)判決では、全員が治安維持法違反で有罪とされた。控訴審の公判は翌年3月5日から開かれたが、この直後、第二次共産党事件(三・一五事件)があり、17名がこれにも連座したため分離され、29年12月12日、大阪控訴院は残りの21名のうち18名に懲役7年以下の有罪、3名に無罪の判決を下した。この事件により、以後学生運動への弾圧が一段と強化され、学生も左右に分裂した。なお、被告の大部分は、その後無産階級運動の指導者や社会科学研究の学徒として進歩的役割を果たしている。[佐藤能丸]
『菊川忠雄著『学生社会運動史』増補改訂(1947・海口書店) ▽松尾浩也著『京都学連事件』(『日本政治裁判史録 昭和・前』所収・1970・第一法規出版) ▽奥平康弘著『治安維持法小史』(1977・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の学連事件の言及

【学生運動】より

…以後,日本共産党の外郭団体としての性格をもつようになる(1929年11月7日には日本共産青年同盟へと〈戦闘的解消〉をする)。この時期から警察当局の監視はいっそう厳しくなり,25年11月同志社大学内にはられた軍事教練反対ビラが契機となって,治安維持法が初めて適用されるにいたった(学連事件)。また,このころから文部省は学生の思想運動・左傾化を防ぐため,〈思想善導〉にのりだした。…

※「学連事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

学連事件の関連キーワードキム・ジハ(金芝河)大統領緊急措置秋笹 政之輔大田 遼一郎野呂 栄太郎村尾 薩男神道 寛次野呂栄太郎淡 徳三郎逸見 重雄鈴木 安蔵実川 清之石田英一郎岩田 義道是枝 恭二宮崎 芳子鈴木安蔵金 芝河山本宣治是枝恭二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学連事件の関連情報