コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河上丈太郎 かわかみじょうたろう

6件 の用語解説(河上丈太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河上丈太郎
かわかみじょうたろう

[生]1889.1.3. 東京
[没]1965.12.3. 静岡
政治家。東京大学を卒業,弁護士と教職をしながら無産運動に参加。 1928年,初の普通選挙衆議院議員に当選。第2次世界大戦公職追放となったが,解除後の 52年右派社会党委員長となる。浅沼委員長暗殺のあと,61年から 65年まで日本社会党委員長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわかみ‐じょうたろう〔かはかみヂヤウタラウ〕【河上丈太郎】

[1889~1965]政治家。東京の生まれ。第1回普通選挙日本労農党から衆議院議員に当選。第二次大戦後は日本社会党結成に参加、浅沼稲次郎の暗殺されたあとを受けて委員長。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

河上丈太郎【かわかみじょうたろう】

政治家,社会運動家。東京都出身。東大卒。弁護士出身で社会運動に入り,社会民衆党社会大衆党の幹部。1940年大政翼賛会総務。第2次大戦後右派社会党委員長に就任し,1955年の日本社会党統一に尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河上丈太郎 かわかみ-じょうたろう

1889-1965 昭和時代の政治家。
明治22年1月3日生まれ。少年時にキリスト教に入信。関西学院教授などを歴任して昭和2年弁護士を開業,日本労農党にはいる。翌年第1回普通選挙で衆議院議員(当選10回),日本大衆党,社会大衆党などをへて社会党結成に参加。27年右派社会党委員長。36年社会党委員長。昭和40年12月3日死去。76歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かわかみじょうたろう【河上丈太郎】

1889‐1965(明治22‐昭和40)
日本社会党右派の指導者。キリスト教徒。東京出身。立教中学在学中に《万朝報(よろずちようほう)》の反戦論に傾倒する。東大法学部卒業。1918年関西学院教授に就任し,22年に大阪労働学校が創設されると講師となり,無産運動に参加。26年日本労農党入党。28年代議士に当選し,36年再選。社会大衆党解党後,40年大政翼賛会総務,42年翼賛選挙で推薦候補として当選。敗戦後公職追放。解除後右派社会党に属し,52年委員長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河上丈太郎
かわかみじょうたろう
(1889―1965)

政治家。明治22年1月3日東京市生まれ。父は友愛会初代評議員を務めたクリスチャンであった。第一高等学校東京帝国大学法学部では新渡戸稲造(にとべいなぞう)、高野岩三郎の感化を受け、1927年(昭和2)まで関西学院大学教授。この間、1924年(大正13)政治研究会神戸支部長、1926年日本労農党に参加して1928年の第1回普通選挙で兵庫1区から当選した。1929年山本宣治(やまもとせんじ)が右翼に刺殺されると、翌日3月6日の衆議院本会議で「山本君の屍(しかばね)を踏台として、将来の民衆が再び立つ時があると私は信じて居る」と追悼演説し非常な反響をよぶ。1936、1937年の総選挙では社会大衆党から連続当選。政党解消後、大政翼賛会総務となり、翼賛選挙では推薦候補として当選、第二次世界大戦後の公職追放の理由となる。1952年(昭和27)8月右派社会党委員長として政界復帰、「委員長は私にとって十字架であります。十字架を背負うて死に至るまで戦うことを決意いたしました」とあいさつ、「十字架委員長」とよばれる。その後、社会党統一に尽力、1955年統一後、1961年から1965年まで委員長を務め、同年12月3日病で没した。[荒川章二]
『『私の履歴書 第13集』(1961・日本経済新聞社) ▽河上前委員長記念出版委員会編『河上丈太郎』(1966・日本社会党機関紙局) ▽河上末子著『むら雲のかなたに』(1962・東海大学出版会) ▽芳賀綏著『威風堂々の指導者たち――昭和人物史に学ぶ』(2008・清流出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河上丈太郎の関連キーワードレンナーキリスト教会マラーノ耶蘇キリスト教徒三輪寿壮キリスト教社会党(ベネズエラ)キリスト教社会党(ベルギー)キリスト教社会党(オーストリア)南部キリスト教指導者会議