コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田英一郎 いしだえいいちろう

7件 の用語解説(石田英一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石田英一郎
いしだえいいちろう

[生]1903.6.30. 大阪
[没]1968.11.9. 東京
文化人類学者,民族学者。文学博士。男爵家に生れる。京都帝国大学で N.A.ネフスキーに学ぶが中退。父の没後襲爵するが思想問題で検挙され返上。 1927年共産党に入党,翌 28年三・一五事件で逮捕され,5年間獄中で過す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしだ‐えいいちろう〔‐エイイチラウ〕【石田英一郎】

[1903~1968]文化人類学者。大阪の生まれ。東大教授。日本の文化人類学の基礎を築いた。比較民俗学研究にも寄与。著「河童駒引考(かっぱこまびきこう)」「桃太郎の母」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石田英一郎【いしだえいいちろう】

人類学者。岡正雄柳田国男らとの交流を経てウィーン大学に留学しシュミットらに師事。自然人類学や先史学をも含んだ総合科学としての人類学を構想。《河童駒引考》や《桃太郎の母》で,ユーラシア諸地域の農耕民による伝承を比較し歴史的系統を考察した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田英一郎 いしだ-えいいちろう

1903-1968 昭和時代の文化人類学者。
明治36年6月30日生まれ。京都帝大在学中に学連事件で検挙される。のちウィーン大に留学。戦後,法大教授,東大教授などを歴任。わが国の文化人類学の草分けで,比較民族学・日本文化論の研究にも業績をのこした。昭和43年11月9日死去。65歳。大阪出身。著作に「河童駒引(かつぱこまひき)考」「桃太郎の母」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いしだえいいちろう【石田英一郎】

1903‐68(明治36‐昭和43)
文化人類学者。男爵石田八弥の長男として大阪に生まれ,第一高等学校から京都帝国大学経済学部に進みこれを中退。京大時代N.ネフスキーよりロシア語を学び,民族学,民俗学への関心を抱く。共産党の活動に荷担したとして治安維持法により逮捕され(学連事件),1928年より5年間堺刑務所に服役。釈放後柳田国男,岡正雄らを知り,37‐39年ウィーン大学に留学,民族学を修めて帰国。44‐45年蒙古善隣協会の西北研究所の次長として,所長の今西錦司と共に張家口で研究と調査に従事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしだえいいちろう【石田英一郎】

1903~1968) 文化人類学者。大阪生まれ。東大教授。人類文化史の研究を深める一方、日本の文化人類学研究の発展に貢献した。主著「河童駒引考」「桃太郎の母」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石田英一郎
いしだえいいちろう
(1903―1968)

文化人類学者。第二次世界大戦後、東京大学文化人類学教室の開設を始め、東北大学埼玉大学日本民族学会などにおいて、文化人類学の研究、教育、普及に尽力、わが国の文化人類学発展の基礎固めをした。文化の理論的研究や日本文化論でも多くの業績を残している。男爵石田英吉の孫として大阪に生まれ、東京府立四中、一高、京都帝国大学(経済学部)に進み、マルクス主義の研究、共産主義者たちへの接近が治安維持法に触れ、6年間(1928~34)禁錮刑に服した。出所後、ウィーン大学に留学、民族学を修め、中国(西北研究所)で終戦を迎え、帰国。東京大学教授(1951~64)として、同大学の文化人類学の専門コースの創設と運営に従事、のち東北大学、埼玉大学を経て68年4月多摩美術大学学長、同年11月死去。前年に『文化人類学ノート』を著す。[大貫良夫]
『『石田英一郎全集』全八巻(1970~72・筑摩書房) ▽山口昌男編著『石田英一郎』(『日本民俗文化大系 8』所収・1979・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石田英一郎の言及

【学連事件】より

…この年,小樽高商事件などを契機に早大,東大その他全国の大学などで反軍運動が高まっていたが,12月1日,京都府警の特別高等警察は,同志社大学での軍事教練反対ビラの掲示を口実に同志社大と京大の学生33名を検挙したが,証拠不十分で釈放した。しかし,警察当局は,学連大会の決定が治安維持法,出版法などに違反するとして,翌26年1月から4月にかけて京大はじめ学連の中心メンバーを検挙し,岩田義道,鈴木安蔵,石田英一郎ら京大学生20名ほか村尾薩男,野呂栄太郎,林房雄など計38名を起訴した。これと同時に河上肇,河野密,山本宣治,河上丈太郎らの教授も家宅捜索を受けた。…

【女神】より

… 日本においては,折口信夫による常世国(とこよのくに)のまれびと神来訪とその歓待につくす処女の役割に関する民俗学的研究(《常世及びまれびと》)が,古代における女神信仰の原初的形態を示唆する興味深い資料を提供している。石田英一郎は《桃太郎の母》で,こうした豊かな民俗資料を手がかりに,古代日本人の原初的母神信仰を,古代地中海世界における母権社会との関連の中で比較文化史的に追究している。地母神ビーナス【山形 孝夫】。…

※「石田英一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石田英一郎の関連キーワード泉靖一社会人類学心理人類学文化人類学民族学応用人類学JASCA石川栄吉祖父江孝男デュラン,G.(文化人類学)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石田英一郎の関連情報