コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙原理 うちゅうげんりcosmological principle

翻訳|cosmological principle

4件 の用語解説(宇宙原理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙原理
うちゅうげんり
cosmological principle

宇宙の構造は大きな目で見ればどこも一様で,どの領域をとっても私たちの近傍と同じである,という原理。宇宙には星,銀河,銀河団,超銀河団階層構造があるが,宇宙そのものには中心とか端とか区別はなく,どこを取っても同じだという考え。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

宇宙原理

宇宙にはどこにも特別な場所がなく(一様性)、どの方向にも特別な方向がない(等方性)という要請(原理として認められること)。アインシュタイン1917年一般相対性理論に基づいて宇宙モデルを作る際、これらの空間の性質に加えて「宇宙は時間的にも変わらない(定常性)」を要請した。定常性まで含めた要請を完全宇宙原理という。その後、観測による29年の宇宙膨張の発見により、定常性の要請は不要となった。現在では空間の一様・等方性は、宇宙マイクロ波背景放射の観測や銀河の3次元的な分布の観測から検証されている。一様・等方な空間は曲率(空間の曲がり具合)の大きさがいたるところ一定で、その符号により3つに分類される。(1)曲率がゼロの空間は平坦な空間、(2)正なら有限で境界のない閉じた空間、(3)負なら無限に広がった開いた空間である。同じ半径の球の体積は、(2)→(1)→(3)の順に増す。これに対応し、それらの空間をもつ宇宙を平坦な宇宙、閉じた宇宙開いた宇宙という。WMAPの観測から、宇宙は平坦な宇宙であると考えられている。

(二間瀬敏史 東北大学大学院理学研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐げんり〔ウチウ‐〕【宇宙原理】

宇宙空間はいたるところ一様で等方であり、大局的な特徴は宇宙のどこで観測しても同じであるとする原理。宇宙論で仮定される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちゅうげんり【宇宙原理】

宇宙空間は、至るところ一様で等方的であるという原理。宇宙は場所によらず同じ物理法則によって支配されるとする。宇宙論において仮定される基本原理。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宇宙原理の言及

【宇宙】より

…現在一般に受け入れられている立場は,宇宙は一様かつ等方であって,その大局的な特徴は宇宙のどの場所で眺めても同じであるとするものである。この仮定は,イギリスのE.A.ミルンに従って宇宙原理と呼ばれている。この立場に立てば宇宙には中心とか端の区別はない。…

※「宇宙原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone