コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙飛行士(日本の) うちゅうひこうし/にほんのうちゅうひこうしJapanese astronauts

1件 の用語解説(宇宙飛行士(日本の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

宇宙飛行士(日本の)

日本人としての宇宙初飛行は、1990年の秋山豊寛(当時TBS社員)。その後、米国のスペースシャトルに搭乗する日本人飛行士として、宇宙開発事業団(当時)が送り出したのは、毛利衛・向井千秋若田光一土井隆雄の4飛行士。2005年7月には野口聡一がスペースシャトルに搭乗し、5人目の日本人シャトル飛行士となった。ほかに訓練中の3人(古川聡・星出彰彦山崎直子)が控えている。毛利・向井・若田の3飛行士は2度目の飛行を終えた。土井、野口飛行士は船外活動を行った。なお、土井飛行士は、日本の実験棟「きぼう」の打ち上げ3便のうち1便目(船内保管室打ち上げ)のスペースシャトルに搭乗することが決定した。また同時に、土井飛行士のクルーサポートアストロノート(搭乗者支援宇宙飛行士)として山崎飛行士が選定された。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

宇宙飛行士(日本の)の関連キーワード印僑海部俊樹内閣ドイツ統一女性労働中国脅威論牧瀬里穂田中里衣悪魔くん花卉園芸客船

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone