コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸田 せとだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬戸田
せとだ

広島県南東部,尾道市南西部の旧町域。三原市の沖合いの生口島の大半と高根島からなる。 1889年町制。 1955年南生口村と合体。 2006年尾道市に編入。瀬戸内海航路に沿う古くからの港町で,造船業が行なわれる。江戸時代から海岸の低地に塩田が開かれていたが,1950年代に廃止。レモン,ミカンの栽培が盛んで耕地の大部分を占める。向上寺 (三重塔は国宝) や光明坊 (十三重塔は国指定重要文化財) など古刹が多い。なかでも,十数点の国指定登録有形文化財を有する耕三寺は,飛鳥から江戸時代の代表的寺院建築様式が取り入れられており,「西の日光」と称され観光客が多い。南部の観音山 (472m) は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸田
せとだ

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(瀬戸田町(ちょう))。現在は尾道(おのみち)市の一地区。瀬戸内海芸予(げいよ)諸島の生口(いくち)島の大部分と北接する高根(こうね)島からなる。旧瀬戸田町は1889年(明治22)町制施行。1937年(昭和12)西生口村、1944年北生口、名荷(みょうか)、高根島の3村、1955年南生口村と合併。2006年(平成18)尾道市に編入。本土の尾道市、三原市などとの間に定期船便があり、生口島には国道317号が通じる。1991年(平成3)瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)の生口橋が完成し、因島(いんのしま)大橋を通じて本土と陸続きとなった。さらに多々羅大橋で大三島とも結ばれる。柑橘(かんきつ)類の栽培と造船業が行われる。生口島北西岸にある中心地区の瀬戸田は、中世から海運業で栄えた地。向上(こうじょう)寺は1403年(応永10)建立の古寺で、国宝の三重塔がある。西の日光とよばれる耕三(こうさん)寺は、島出身の金本耕三(かねもとこうぞう)が1938年に建立したもので、博物館が併設されている。また近くには、同じく島出身の画家平山郁夫(いくお)を記念した平山郁夫美術館がある。南岸の御寺(みでら)地区には法然(ほうねん)(源空)ゆかりの光明坊(こうみょうぼう)があり、阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)と十三重塔は国の重要文化財に指定されている。[北川建次]
『『瀬戸田町史』全4巻(1997~2003・瀬戸田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸田の関連情報