コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両子山 ふたごさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両子山
ふたごさん

大分県北東部,国東半島の中央にそびえる円錐形火山。標高 720m。国東市に属する。両輝石角閃石安山岩よりなる。山麓の緩斜面が海まで続き,国東半島の円形の海岸線を形成する。頂上からの展望は広大で,大分県の山々のほか,中国地方四国地方まで見渡せる。中腹に養老2 (718) 年開山と伝えられる古刹両子寺がある。自然林が多く,ハイノキヤブツバキ,シイなどの常緑広葉樹ヤマザクラツツジエノキなどの落葉広葉樹が茂る。瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふたご‐さん【両子山】

大分県北東部、国東(くにさき)半島中央部にある円錐状火山。国東市に属し、同半島の最高峰(標高720メートル)。山頂からの展望がよく、麓には子授けで有名な天台宗の両子寺がある。シカの生息地として知られる。瀬戸内海国立公園の一部。ふたごやま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふたごやま【両子山】

大分県国東(くにさき)半島中央部の山。四方に広大なすそ野を有する大規模な火山体で,山頂部には最高峰の両子山(721m),文珠山(617m)などの溶岩円頂丘がある。両子山は古い火山体で,噴気活動は認められない。開析が進んで多くの峰が群立しており深山の趣がある。山麓には1200余年の歴史をもつ六郷満山総持院の両子寺があり,国東半島の信仰と観光の中心となっている。【小林 哲夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕両子山(ふたごさん)


大分県国東(くにさき)半島中部に位置する溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)。標高720m。山体は浸食が進み、深い谷が奇勝をつくる。紅葉の名所で、野生のニホンジカが生息。瀬戸内海国立公園に含まれる。山頂南側の両子寺はかつて六郷満山(ろくごうまんざん)の一中心で、独自の仏教文化が残り、子宝祈願が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両子山
ふたごさん

大分県北東部、国東(くにさき)半島を構成する一大開析火山の中央、旧火口付近にあり、標高721メートル。山体は山陰系旧期火山岩(両輝石角閃(かくせん)安山岩)からなる。瀬戸内海国立公園の一部。370メートルの南側中腹の両子寺は、子宝を授けられるといわれ、2月の初午(はつうま)の法会(ほうえ)はにぎわう。半島海岸を巡る国道213号沿いの国東市安岐町(あきまち)から両子寺までバスが通じる。山頂へは徒歩60分。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の両子山の言及

【国東[町]】より

…国東半島東端に位置する。半島最高峰の両子(ふたご)山(721m)より,来浦川,富来川,田深川などの河川が東流して,伊予灘に注ぐ。田深川河口両岸の鶴川,田深が中心集落になっている。…

※「両子山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

両子山の関連キーワード国東半島県立自然公園大分県国東市三浦梅園旧宅三浦喜十二ニホンジカ大分(県)田渋荘奇勝浸食安岐武蔵国見真玉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android