コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安川第五郎 やすかわ だいごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安川第五郎 やすかわ-だいごろう

1886-1976 大正-昭和時代の実業家。
明治19年6月2日生まれ。安川敬一郎の5男。松本健次郎,安川清三郎の弟。大正4年父の出資で安川電機製作所を創立,昭和11年社長となる。戦後は石炭庁長官,日本原子力研究所初代理事長,東京オリンピック組織委員会会長をつとめた。昭和51年6月25日死去。90歳。福岡県出身。東京帝大卒。
【格言など】チエは必要だが,そのチエを支える精神をつちかうものとして,本を読む必要があると私は考える

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やすかわだいごろう【安川第五郎】

1886‐1976(明治19‐昭和51)
安川電機の創業者。筑豊炭田開発の先駆者である安川敬一郎の五男。福岡県遠賀郡芦屋町生れ。1912年東京帝大工学部電気工学科を卒業後アメリカに渡り,ウェスティングハウス社に見習として約5ヵ月勤務した。15年帰国後,合資会社安川電機製作所を創立,その代表社員となり,以来同社が今日の(株)安川電機製作所に発展するまで,社長・会長としてその経営を指導した。その後人間性と指導力により活動分野を業界全体,財界全体へとしだいに拡大させ,第2次大戦中には,いわゆる経済新体制のもとで電気機械統制会会長に就任し,戦後は石炭庁長官,日本銀行政策委員,原子力研究所理事長,日本原子力発電社長等の要職を歴任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安川第五郎
やすかわだいごろう
(1886―1976)

大正から昭和期の実業家。1886年(明治19)6月2日、敬一郎の五男として福岡県遠賀(おんが)郡芦屋(あしや)(現芦屋町)に生まれる。少年時代より電気技術に興味を覚え、東京帝国大学電気工学科に進む。卒業後、日立製作所やウェスティングハウス社で実習を重ね、父敬一郎の出資により1915年(大正4)合資会社安川電機製作所を創立、ついで1919年株式会社安川電機製作所(現安川電機)を設立して前者を吸収した。経営は不振を続けたが、安川家の強力な庇護(ひご)の下にしだいに向上、1936年(昭和11)社長に就任した。第二次世界大戦後、石炭庁長官を務めたが公職追放。その後、九州電力会長、日本原子力発電社長、日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)理事長などを歴任。また、東京オリンピック組織委員会会長、札幌冬季オリンピック組織委員会最高顧問としてスポーツ界にも貢献した。著書も多数ある。1976年6月25日没。[畠山秀樹]
『安川第五郎伝刊行会編・刊『安川第五郎伝』2巻(1977)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安川第五郎の関連キーワード日本原子力研究所安川 加寿子山崎 俊雄松本健次郎安川清三郎安川定男安川壮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android