コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東蓮聖 あんどうれんしょう

5件 の用語解説(安東蓮聖の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

安東蓮聖【あんどうれんしょう】

鎌倉後期,西国で活躍した得宗(とくそう)被官。通称は平右衛門入道。1262年北条時頼の使者として西大(さいだい)寺叡尊(えいぞん)のもとに赴いたのが史料上の初見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東蓮聖 あんどう-れんしょう

1239-1329 鎌倉時代の武士。
延応元年生まれ。得宗領摂津多田院(兵庫県)造営の惣奉行,摂津守護代などをつとめた。禅爾(ぜんに)をまねき,和泉(いずみ)(大阪府)の久米田寺の復興につくす。乾元(けんげん)元年高利貸しでえた私財を投じて,播磨(はりま)(兵庫県)福泊の築港をおこなった。元徳元年死去。91歳。通称は平右衛門尉。号は為条。名は蓮性ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安東蓮聖

没年:元徳1(1329)
生年:延応1(1239)
鎌倉後期の武士。得宗被官,摂津守護代。弘長2(1262)年,北条時頼の使者として西大寺叡尊のもとに赴く。以後叡尊との親交を結ぶ。文永年間(1264~75),山僧と結託して京都で借上を営み,蓄財に成功。文永10年多田院造営の惣奉行を務め,建治3(1277)年久米田寺の別当職を買得し,律宗寺院として再建,弘安5(1282)年には,叡尊を請じて堂供養を催した。乾元1(1302)年,数百貫の私財を投じて福泊を修築するなど,得宗権力を支えるために,流通路支配の最前線で活躍した。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あんどうれんしょう【安東蓮聖】

1239‐1329(延応1‐元徳1)
鎌倉後期西国で活躍した得宗被官。平右衛門入道と通称する。1262年(弘長2),西大寺叡尊のもとへ北条時頼の使者としておもむいたのが史料上の初見。文永ごろ京で山僧と結んで借上(かしあげ)を営み,71年(文永8),近江堅田浦で仁和寺年貢運上船を差し押さえて訴えられた。73年,摂津多田院造営のさい,その惣奉行をつとめる。77年(建治3),和泉久米田寺の別当職を買得し,同寺を律宗寺院として再建。82年(弘安5)に西大寺叡尊を請じて堂供養を催した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安東蓮聖
あんどうれんしょう
(1239―1329)

鎌倉後期の北条氏得宗(とくそう)家の被官。死没の年齢は91歳であるが、没年については1330年(元徳2)という説もある。蒙古(もうこ)襲来の前後に六波羅(ろくはら)被官として在京するとともに、高利貸し業を営み、また叡尊(えいそん)らの西大寺流律宗と結んで摂津国多田院(ただのいん)の修造、和泉(いずみ)国久米田(くめだ)寺の再興を行った。とくに叡尊の弟子行円房顕尊と協力しての播磨(はりま)国福泊(ふくどまり)の築港は注目すべきであり、北条氏一門の海上交通路支配、流通経済掌握の先兵としての役割を果たした。[細川涼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安東蓮聖の言及

【福泊】より

…鎌倉時代の1292年(正応5)ころ,律宗の僧行円房顕尊が〈福泊島勧進〉上人となって,この泊に風浪を防ぐ島の修築事業を進め,往来の船から〈築料〉として艘別200~300文の津料を徴集していた。顕尊が1300年(正安2)に入滅した後,その檀那であった得宗被官安東蓮聖が事業を引き継ぎ,〈大石ヲ畳上ゲ,数百貫ノ銭財等ヲ尽シテ,二町余沖ヘ築出〉して,02年(乾元1)に築港を完成,以後兵庫島に劣らず繁栄したという(《峯相記》)。鎌倉時代の末,福泊に興福寺造営のための関所がおかれ,雑掌が関料の〈升米〉をとりたてた。…

※「安東蓮聖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安東蓮聖の関連キーワード尊性法親王今物語延応覚恵(1)金沢貞冬国次(1)尊観(1)長井貞頼二階堂頼綱了海

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone