福泊(読み)ふくどまり

百科事典マイペディアの解説

福泊【ふくどまり】

播磨国にあった中世の港。播磨灘に面した現在の兵庫県姫路市的形町(まとがたちょう)福泊にあたる。古代の瀬戸内海にあった〈五泊(ごはく)〉の一つ韓泊(からどまり)は,この付近に比定される。1292年頃には,律宗(りっしゅう)の僧行円房顕尊(ぎょうえんぼうけんぞん)が〈福泊島勧進(かんじん)〉上人(しょうにん)となり,福泊の風浪を防ぐための島の修築事業を進め,往来の船から1艘あたり200文から300文の津料を徴収した。《峯相記(みねあいき)》によれば,1302年顕尊の事業を引き継いだ安東蓮聖(あんどうれんしょう)が数百貫の銭を投じて2町ばかり沖へ突き出した福泊島を築き,築港を完成させた。以後,港は繁栄したが,南北朝期に加古(かこ)川河口に堆積していた砂が,波に吹き寄せられて港のうちを埋め,しだいに衰退していったという。江戸時代には播磨国印南(いなみ)郡福泊村となった。
→関連項目神崎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくとまり【福泊】

中世播磨国の港。飾磨津(しかまづ)と高砂の中間(現,姫路市的形町)にあった。古代瀬戸内海の〈五泊〉の一つ韓(から)泊は,この付近に比定されている。鎌倉時代の1292年(正応5)ころ,律宗の僧行円房顕尊が〈福泊島勧進〉上人となって,この泊に風浪を防ぐ島の修築事業を進め,往来の船から〈築料〉として艘別200~300文の津料を徴集していた。顕尊が1300年(正安2)に入滅した後,その檀那であった得宗被官安東蓮聖が事業を引き継ぎ,〈大石ヲ畳上ゲ,数百貫ノ銭財等ヲ尽シテ,二町余沖ヘ築出〉して,02年(乾元1)に築港を完成,以後兵庫島に劣らず繁栄したという(《峯相記》)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福泊
ふくどまり

中世、播磨(はりま)国(兵庫県)の要港。現在の姫路市的形(まとがた)町福泊の地に、1302年(乾元1)安東蓮聖(あんどうれんしょう)が築いたと伝える。兵庫島とならぶ重要港津であったが、しだいに浅くなって衰微し、現在は塩田跡地で海と隔てられている。古代の五泊の一つ韓泊(からどまり)も同地とする説があるが、『法隆寺伽藍縁起并流記資財(がらんえんぎならびにるきしざい)帳』にみえる加良止麻利山の比定などから福泊北東部の的形付近に韓泊を比定する説をとる。湾奥の埋積が進んだために韓泊の機能を福泊に移行したものと想定される。[金田章裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android