安田[町](読み)やすだ

百科事典マイペディアの解説

安田[町]【やすだ】

新潟県中部,北蒲原(きたかんばら)郡の旧町。越後平野東部,阿賀野川右岸を占め,中心の保田(やすだ)は会津街道(国道49号線)の要地酪農が盛んで,庵地(あんち)焼などの産も知られる。2004年4月北蒲原郡京ヶ瀬村,水原町,笹神村と合併し,阿賀野市となる。40.91km2。1万484人(2003)。

安田[町]【やすだ】

高知県東部,安芸(あき)郡の町。安田川下流域を占め,南は土佐湾に面する。主集落は河口右岸にあり,酒や醤油の生産も盛ん。西部の唐浜(とうのはま)を中心に促成野菜栽培が行われる。四国八十八ヵ所27番札所神峯(こうのみね)寺がある。52.36km2。2970人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすだ【安田[町]】

新潟県中部,北蒲原(きたかんばら)郡の町。人口1万0572(1995)。阿賀野川が越後平野に出る谷口の北岸に位置する。中心集落の保田(ほだ)は会津街道の宿場町として江戸初期に形成され,阿賀野川水運の要衝でもあったが,明治末期の磐越西線の開通後は沿線からはずれたため衰退した。明治末期から酪農が盛んで,酪農試験農場もある。球根,園芸作物栽培が行われる。町域東部の宝珠山麓では良質の粘土を産し,庵地(あんち)地区は鉄色の安田瓦,庵地焼で知られる。

やすだ【安田[町]】

高知県東部,安芸郡の町。人口3826(1995)。南は土佐湾に面し,町域は安田川沿いに北東に細長く延びる。川沿いの一帯は北接する馬路村域にかけて,中世には金剛頂寺(室戸市)領安田荘の地であった。空海は同寺建立にあたり用材を馬路の山中に求め,その際自刻の仏像を別所の北寺など3寺に残したと伝える。南北朝期から戦国時代にかけて安田荘内では土豪惟宗(安田)氏が勢力を有し,東島の土居屋敷の地にその城跡がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android