コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸[市] あき

百科事典マイペディアの解説

安芸[市]【あき】

高知県東部,土佐湾に面する市。1954年市制。主要市街地は安芸川河口右岸の砂丘上に発達,国道55号線が通じる。海岸の平地ではキュウリピーマン,ナスなどの促成栽培が盛んで,安芸園芸地帯の中心をなし,京阪神へ出荷。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あき【安芸[市]】

高知県東部,土佐湾に面する市。1954年安芸町と土居,井ノ口,川北,伊尾木,東川,畑山,赤野の7村が合体,市制。人口2万2377(1995)。市域は安芸川,伊尾木川下流の平たん部,安芸平野とその上流山地,および海岸段丘などから構成される。中世に土豪安芸氏の居城がおかれた土居は,近世に土佐藩家老五藤氏の領するところとなり,城山には安芸城跡が,城下の郭中には武家屋敷の町並みが残されている。安芸川西岸の砂丘上に街村状に広がる中心市街地安芸は,早くから後背地に対する農林水産物の集散地,市場町として発達したところで,現在県東部の商業,行政,教育の中心をなしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安芸[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android