コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安里屋ユンタ あさどやユンタ

3件 の用語解説(安里屋ユンタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安里屋ユンタ
あさどやユンタ

沖縄八重山地方の民謡。集団的な労作歌の代表種目である「ユンタ」の代表曲。原歌は,竹富島安里屋の美しい娘に結婚を断られた村役人が,隣村で別の娘を手に入れ喜ぶという内容の長い叙事的なものだが,これを簡略化して伴奏をつけて「節歌 (ふしうた) 」とした『安里屋節』を,さらに替え歌としたものによって全国に知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさどや‐ゆんた【安里屋ユンタ】

民謡の一。沖縄県八重山列島竹富島で、江戸時代中ごろに生まれた叙事詩体の作業歌。「マタハーリヌチンダラカヌシャマヨ(去りゆくかわいい女(ひと)よ)」の一節を用いて、第二次大戦中には替え歌が流行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安里屋ユンタ
あさどやゆんた

沖縄県八重山(やえやま)列島の竹富島で酒盛り唄(うた)として歌われてきた唄。作者、制作年代不詳。竹富島安里屋にいた絶世の美人クヤマを詠んだ叙事詩風のもので、美人をたたえ、さらに人生観として役人より島の男を選ぶといった歌詞である。それが沖縄本島へも広まったが、第二次世界大戦中、宮良長包(みやらちょうほう)がこの唄を編曲、流行歌調に仕立て直したところ、各節の終わりに繰り返される「マタハーリヌ チンダラ カヌシャマヨー」(離りゆく愛(かな)しき人、の意)が、本土からきた兵隊には「死んだら神さまよ」と聞こえるため、世相風刺と自嘲(じちょう)から盛んに歌われ始め、日本中に広まった。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安里屋ユンタの関連キーワード鳩間節八重山上布八重山日報明和八重山地震津波沖縄県八重山郡竹富町西表沖縄県八重山郡竹富町上原沖縄県八重山郡竹富町黒島沖縄県八重山郡竹富町小浜沖縄県八重山郡竹富町波照間沖縄県八重山郡

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安里屋ユンタの関連情報