コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官版 かんぱん

5件 の用語解説(官版の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官版
かんぱん

政府の発行する書物。中国では宋代の官版が文字の美しさで知られ,以来各朝で盛んに行われた。西洋でも近代国家それぞれ官版を発行している。日本では江戸時代初期の天海の『大蔵経』が有名。のち昌平坂学問所発行のものも官版と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぱん〔クワン‐〕【官版/官板】

政府・官庁の出版物。⇔私版
江戸時代、幕府の官学、昌平坂学問所で出版した教科書用の漢籍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

官版【かんぱん】

広義には,政府の刊行する出版物をいい,官庁出版物と同義で,官刻ともいう。日本最初の官版は江戸初期に天海が覆刻した《大蔵経(だいぞうきょう)》である。狭義には,寛政異学の禁の後,昌平坂学問所(昌平黌(こう))から刊行された,朱子学を中心とした一連の教科書風の出版物。
→関連項目藩版

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官版
かんぱん

政府刊行物、官庁出版物の意味で、私版、私刻本など民間出版物に対応する称呼である。中国には官刻本、官刊本、官府本などの別称もある。一般に官版は政府の命令により、政府の経費を用いて出版されたので、校訂が行き届き、料紙、印刷、製本の優れているのが特徴である。
 江戸時代には幕府による出版物を官版とよび、その習慣は明治初年まで続いた。徳川家康・綱吉(つなよし)・吉宗(よしむね)時代の官版や、医学館、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)、長崎奉行所、陸軍所などの官版がある。なかでも昌平坂(しょうへいざか)学問所において1799年(寛政11)から1867年(慶応3)までに翻刻された漢学の参考書、教科書200余部は、その書名に「官版」の2字を冠し、一定の装訂を加え、出版部数が比較的多く、また広く流布したので、主としてこれをさして官版と呼び習わしている。中国の官版では明(みん)代の経廠(けいしょう)本や清(しん)代の殿版(でんぱん)が有名であり、いずれも印刷、製本の精美をうたわれ、また明・清時代の地方官庁からは地方志が多数刊行された。[福井 保]
『杉山精一著『官版書籍解題略』(『解題叢書』所収・1925・広谷国書刊行会) ▽内野五郎三著・刊『官版書目』(1932)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

官版

(1)一般的には官公庁の出版物.(2)江戸幕府が寛政11(1799)年から昌平坂学問所で出版したもの.江戸後期の官版には題簽や巻末に「官版」「官刻」などの文字があることが多い.官版に刺激を受けて,各藩でも藩版が出版された.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官版の関連キーワード電子出版出版法四季報出版物逐次刊行物秘密出版復刊予約出版サイマル出版ビデオブック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone