コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室町院 むろまちいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室町院
むろまちいん

[生]安貞2(1228)
[没]正安2(1300).5.3.
後堀河天皇の第1皇女。名,暉子。母は中納言藤原家行の娘。仁治1 (1240) 年内親王宣下,寛元1 (43) 年三宮に准じられ,次いで院号宣下。同4年落飾。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室町院 むろまちいん

1228-1300 鎌倉時代,後堀河天皇の第1皇女。
安貞2年生まれ。母は持明院家行の娘。延応2年内親王,寛元元年准三宮(じゅさんぐう)となり院号をうける。4年19歳で出家した。叔母の式乾(しきけん)門院から膨大な荘園群をうけつぎ,没後この室町院領は大覚寺統,持明院統の間で帰属があらそわれ折半された。正安(しょうあん)2年5月3日死去。73歳。名は暉子(きし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むろまちいん【室町院】

1228‐1300(安貞2‐正安2)
鎌倉時代女院(によいん)。後堀河天皇の第1女。母は持明院家行の女。名は暉子。1240年(仁治1)内親王,43年(寛元1)准三后となり院号を定む。46年出家し法名を妙法覚という。叔母にあたる後高倉院第1女の式乾門院から膨大な荘園群を譲与された。
[室町院領]
 承久の乱(1221)のさい,幕府に没収された後鳥羽上皇の所領の一部。後高倉院に幕府が返したのち式乾門院に伝領された。この荘園群は金剛勝院領,六条院領,七条院領,後高倉院法華堂領等を含む100余ヵ所からなっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室町院
むろまちいん
(1228―1300)

後堀河(ごほりかわ)天皇の第一皇女。母は中納言藤原家行の女(むすめ)。名は暉子。1240年(仁治1)内親王、43年(寛元1)准三后(じゅさんごう)、ついで室町院の院号宣下(せんげ)を受け、46年19歳で落飾、法名は妙法覚。49年(建長1)叔母の式乾門院(しきけんもんいん)より膨大な御領を譲られ、これを室町院領と称した。のちこの御領は大覚寺(だいかくじ)、持明院(じみょういん)両統で争われ、折半された。[飯倉晴武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

室町院の関連キーワード別当典侍(1)岩国(市)2月22日珣子内親王暉子内親王京極准后安嘉門院両統迭立神仙門院金沢貞顕大鳥荘伴野荘皇室領田代氏後院塩津

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室町院の関連情報