コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本常一 みやもとつねいち

7件 の用語解説(宮本常一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮本常一
みやもとつねいち

[生]1907.8.1. 山口
[没]1981.1.30. 東京
民俗学者。天王寺師範学校卒業。小学校教員をつとめるかたわら研究を始め,柳田国男に認められる。 1939年上京,渋沢敬三のアチック・ミューゼアム (のちの日本常民文化研究所) に入所。日本各地を広く調査してまわり,おもに離島や山村に暮す人々,定住しない人々など,表だって語られることのなかった庶民の生き方を対象に研究して,柳田の水田稲作農民中心の視点と対比された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮本常一

1907年8月、山口県の周防大島生まれ。柳田國男の「柳田民俗学」に対比される「宮本民俗学」ともいうべき独自な仕事を残したとされる。離島や辺地の暮らしに目を向け、81年1月に没するまで日本列島の隅々を調査して歩いた。とくに離島への関心は深く、離島振興法の父ともいわれる。

(2007-04-30 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやもと‐つねいち【宮本常一】

[1907~1981]民俗学者。山口の生まれ。教員のかたわら近畿民俗学会に参加。渋沢敬三に認められ、アチックミューゼアムソサエティ(現神奈川大学日本常民文化研究所)の研究所員となる。全国を旅して歩き、各地の生活・文化・経済を研究、独自の民俗学を確立。離島振興にも尽力した。著「忘れられた日本人」ほか。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮本常一【みやもとつねいち】

民俗学者。山口県生れ。大阪府天王寺師範学校卒。渋沢敬三のアチック・ミューゼアム(のち日本常民文化研究所)研究員,武蔵野美術大教授,日本観光文化研究所長などを歴任。
→関連項目姫田忠義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本常一 みやもと-つねいち

1907-1981 昭和時代の民俗学者。
明治40年8月1日生まれ。小中学校の教員をつとめながら,近畿民俗学会に参加。昭和14年渋沢敬三のアチック・ミューゼアム(現日本常民文化研究所)所員となる。全国の離島や辺地を踏査し,独自の民俗学をきずいた。39年武蔵野美大教授。昭和56年1月30日死去。73歳。山口県出身。天王寺師範(現大阪教育大)卒。著作に「海をひらいた人びと」「忘れられた日本人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

みやもとつねいち【宮本常一】

1907~1981) 民俗学者。山口県大島生まれ。天王寺師範卒。日本各地を歩き、村に生きる人々の姿を温かく描いた民俗誌を数多く残す。著「忘れられた日本人」「家郷の訓」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮本常一
みやもとつねいち
(1907―1981)

民俗・民族・民具・生活学者。山口県大島郡東和町(現、周防大島(すおうおおしま)町)生まれ。大阪府天王寺師範学校卒業後、大阪府下小学校、奈良県郡山(こおりやま)中学校教員歴任のかたわら近畿民俗学会で活躍。柳田国男(やなぎたくにお)、渋沢敬三に認められ1939年(昭和14)上京。渋沢の主宰するアチック・ミューゼアム(後の日本常民文化研究所)研究所員となり、以来全国各地を調査、その足跡は日本の隅々に及ぶ。かたがた各地で農業および生活改善にかかわる教育指導を実践。またその調査研究は社会・経済・文化各領域にわたり、独特の民俗学を確立。さらに民具学、旅学(たびがく)、島嶼(とうしょ)学を提唱した。一方、全国離島振興協議会、林業金融調査会、日本観光文化研究所等の設立運営に尽力した。1964~77年武蔵野(むさしの)美術大学教授。文学博士。周防大島文化交流センター(周防大島町)には、宮本が収集した民俗資料、文献などが収蔵展示されている。[高松圭吉]
『『瀬戸内海の研究』(1965・未来社) ▽『宮本常一著作集』全50巻(1967~・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本常一の関連キーワード階乗偶数スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没山口港山口県山口市陶Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮本常一の関連情報