コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿徳 シュウトク

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐とく〔シウ‐〕【宿徳】

[名・形動ナリ]《「しゅくとく」の音変化という》
僧などが修行して、人徳のあること。また、その人や、そのさま。
「気遠げなる―の僧都僧正の際は」〈・橋姫〉
落ち着いて威厳のあること。重々しく、どっしりしていること。また、そのさま。
「―にものものしき御さまかたち、あな清げ、今ぞ盛りと」〈増鏡・老のなみ〉

しゅく‐とく【宿徳】

仏語。前世で行った福徳。宿福。
しゅうとく(宿徳)1
しゅうとく(宿徳)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうとく【宿徳】

( 名 ・形動ナリ )
〔「しゅくとく」の転〕
年功を積んだ徳の高い人。宿老。 「その次によろづの-乗りたれば/宇津保 国譲下
落ち着いて貫禄のあるさま。 「いと-に、面もち・歩まひ、大臣と言はむに足らひ給へり/源氏 行幸

しゅくとく【宿徳】

〘仏〙
前世で積んだ善行。また、その報い。宿福。
修行によって徳を積むこと。また、徳を積んだ人。老僧。しゅうとく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宿徳の関連キーワード在す・坐す大人びる舞楽面宿福老僧福徳耆徳善行宿老宿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android