(読み)うら

精選版 日本国語大辞典「浦」の解説

うら【浦】

〘名〙 (「裏」と同語源)
① 海、湖などの湾曲して、陸地に入り込んだ所。入り江。湾。
万葉(8C後)一八・四〇三八「玉くしげいつしか明けむ布勢の海の宇良(ウラ)を行きつつ玉藻拾(ひり)はむ」
② 海岸。海辺浜辺水際
※古事記(712)中(兼永本訓)「毀鼻(かきはな)の入鹿魚(いるかうを)既に一浦(ひとウラ)に依れり」
※新古今(1205)秋上・三六三「見渡せば花ももみぢもなかりけり浦の苫屋(とまや)の秋の夕ぐれ〈藤原定家〉」
③ 海辺の村里漁村浦里

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浦」の解説

うら【浦】

《「」と同語源で、外海に対して内側の意》
海や湖が湾曲して陸地に入り込んだ所。入り江。
海辺。浜。
[類語]入り江入り海峡湾フィヨルド

ほ【浦】[漢字項目]

常用漢字] [音]ホ(漢) [訓]うら
〈ホ〉水際。海辺。「曲浦
うら〉「浦風津津浦浦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「浦」の解説

うら【浦】

地形的には湾状になっている海岸を指すことが多いが,浦役,浦百姓などという用語が示すように,近世においては,漁村一般を指すことばとして用いられた。この場合,浦百姓とは,地方(じかた)百姓(純農民)に対するものとして,純漁民あるいは半漁半農民を意味し,浦役は,これら浦百姓に対して課せられた賦役あるいは小物成を意味する場合と,浜がかりや浜役と同様に浦(漁村)における漁業の監督者をさす場合とがある。浦・浜高桑 守史】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【漁村】より

…主として水産業およびその関連産業に従事している人々によって構成されている村落。浦とか浜とも呼ばれる。従事する漁業が海面漁業であるか,内水面漁業であるかによって,海岸漁村,河川漁村,湖沼漁村などの種別がある。…

※「浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android