コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

察度 さっと

3件 の用語解説(察度の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さっと【察度】

非難。とがめ。 「すりや手を引いたといふて、-の有う筈もないぞよ/歌舞伎・お染久松色読販」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

察度

没年:察度46.10.5(1395.11.17)
生年:玉城8(1321)
琉球王国の黎明期に君臨したと伝えられる王。『中山世譜』(琉球正史のひとつ)によれば,沖縄本島の浦添間切謝名村に奥間大親を父として生まれ,母は羽衣伝説上の天女と伝承される。勝連按司(豪族)の娘と結婚し,察度1(1350)年に英祖王統に代わり中山王位を継承。これを察度王統と称する。察度王代における最大の功績は,中国(明朝)と正式な通交関係を樹立したことである。同23年,明の太祖洪武帝の招諭に応じた察度は弟の泰期を明に派遣し,朝貢貿易が始まった。それ以後,ほぼ毎年進貢し,さらには東南アジアや朝鮮との貿易にも力を入れた。この時代に琉球王国はアジア諸国と結び,世界史の舞台で中継貿易センターとしての性格を強めていき,日本商船も堺,対馬などから数多く来航するようになった。察度が浦添の牧港に来航した日本船に満載された鉄塊を買い取り,農民に鉄製農具を造らせて,人望を得たというエピソードが史書にみえる。

(真栄平房昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

察度
さっと
(1321―1396)

沖縄の三山(さんざん)時代の小国家の一つ中山(ちゅうざん)の王。貧農奥間大親(おくまうふや)と天女(てんにょ)の間に生まれた子と伝えられ、神号を大真物(おおまもの)と称した。鉄製農具を普及させるなどの功により人心をつかみ、浦添按司(うらそえあんじ)となった。1350年、中山王の世子を廃して自ら中山王となり、新しい王統(察度王統)を開いた。72年、明(みん)の太祖洪武帝(こうぶてい)の招諭に応じて弟泰期(たいき)を遣わし、中国との間に初めて進貢関係を樹立した。この関係は以後500年余にわたって存続し、中国と沖縄(琉球(りゅうきゅう))の深い結び付きを促すこととなった。中国との間には外交・貿易策のほか、1392年には官生(かんしょう)(留学生)派遣制度も開始するなど関係強化に努めている。一方、南蛮(東南アジア)諸国との貿易や高麗(こうらい)およびその滅亡後に建国された李氏(りし)朝鮮との間にも貿易を展開している。中継貿易基地として発展する中山には、堺(さかい)・博多(はかた)・対馬(つしま)などの日本商船も来航した。これにより中山の勢力は他の小国家(山南(さんなん)、山北(さんほく))に比べて優位となったが、余勢を駆って統一国家を建設するには至らぬまま、1396年に没した。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

察度の関連キーワードアロハオエ蚩尤戦友黎明期玉陵新世界の黎明琉球王国建国記念の日琉球王国薩摩藩の琉球侵攻三宅国秀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

察度の関連情報