コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島宗則 てらじまむねのり

8件 の用語解説(寺島宗則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺島宗則
てらじまむねのり

[生]天保3(1832).5.23. 鹿児島
[没]1893.6.6. 東京
外交官,政治家。文久2 (1862) 年,遣欧使節に加わり,ロンドンに2年間滞在した。帰国後,幕府に仕え開成所教授となるが,明治維新後は新政府に出仕。参与外国事務掛,神奈川府判事,神奈川県知事,外国官判事などを経て,明治2 (69) 年外務大輔となった。その後駐英大弁務使を経て,1873年には朝鮮問題で下野した副島種臣に代り外務卿に就任。樺太=千島交換条約の締結,江華島事件の処理などにあたった。懸案の条約改正交渉では法権ならびに税権双方の同時回復は困難とみて,法権回復をとりあえずたなあげとし関税自主権の回復に全力を注いだ。 78年アメリカの治外法権を確認する一方,日本の関税自主権回復を承認させた日米約定 (吉田=エバーツ協定) を締結するが,おりからのイギリス人アヘン密輸入事件や検疫規則拒絶事件で,法権回復放棄に対する批判が強まり,79年引責辞職,日米約定は実施にいたらなかった。その後文部卿,法制局長,元老院議長,駐米公使などを歴任し,晩年は宮中顧問官,枢密顧問官,枢密院副議長などをつとめた。伯爵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てらじま‐むねのり【寺島宗則】

[1832~1893]幕末・明治の外交官・政治家。薩摩(さつま)の人。薩英戦争ののち渡英。明治維新後、外務卿として樺太千島交換条約を結び、条約改正交渉にも尽力。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

寺島宗則【てらじまむねのり】

明治の外交官。薩摩(さつま)鹿児島藩出身。松木弘庵(こうあん)とも。藩医であったが,幕府の蕃書調所教授手伝となり,1861年の幕府の遺欧使節に福沢諭吉らと随行。
→関連項目五代友厚幕末遣外使節

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島宗則 てらじま-むねのり

1832-1893 幕末-明治時代の武士,外交官。
天保(てんぽう)3年5月23日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。蘭学をまなび,幕府の蕃書調所教授手伝となり,文久元年第1回幕府遣欧使節の随員として渡欧。維新後,外務大輔(たいふ),駐英公使をへて明治6年参議兼外務卿となり,条約改正交渉にあたる。のち元老院議長,枢密院副議長などを歴任。明治26年6月6日死去。62歳。本姓は長野。前名は松木弘安(こうあん),寺島陶蔵。変名は出水泉蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺島宗則

没年:明治26.6.6(1893)
生年:天保3.5.23(1832.6.21)
幕末の蘭学者,明治前期の政治家,外交官。薩摩国出水郷脇本(鹿児島県阿久根市)の郷士長野祐照,秋野夫婦の次男。幼くして伯父で蘭方医の松木宗保の養嗣子となり松木弘安と称した。10歳より蘭語学習を始め,15歳で江戸に遊学し川本幸民らに蘭学を学ぶ。伊東玄朴の象先堂塾頭を経て,安政3(1856)年幕府の蕃書調所教授手伝となるが,薩摩(鹿児島)藩主島津斉彬の要請で翌年帰藩,製鉄,造船,ガス,写真,電信などの藩近代化事業に携わり,西洋文明技術の実際を会得する。蕃書調所教授手伝に復職後の文久1(1861)年12月,第1回幕府遣欧使節に 傭医師兼翻訳方の資格で随行,慶応1(1865)年3月には薩摩藩遣英使節の一員として出水泉蔵の変名で留学生を率いて渡英。2度にわたる西欧体験から雄藩連合政権を主体とする統一国家構想を説く。維新後は外国官判事,外務大輔などを歴任,創業期の外務省の整備充実に尽力,電信事業や造幣事業にも大きな功績を残した。駐英公使を経て明治6(1873)年10月参議兼外務卿に就任すると懸案の条約改正問題に着手,11年税権回復に関する日米約書の調印に成功したが,英独の反対で条約は無効となった。相互対等の論理に裏打ちされた外交姿勢は,欧米に対する自主外交,アジアに対する条理外交として評価される。その後元老院議長,枢密院副議長などの要職を歴任,17年伯爵。人となり深沈寡黙,経済にも一見識をもつ優れた政論家であった。<参考文献>寺島宗則研究会編『寺島宗則関係資料集』全2巻,犬塚孝明『寺島宗則』

(犬塚孝明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てらじまむねのり【寺島宗則】

1832‐93(天保3‐明治26)
明治前半の外政家。薩摩藩郷士長野祐照(すけてる)の次男として生まれ,伯父松木宗保(医家)の養嗣子となる。弘庵(弘安)ともいい,のち寺島陶蔵と改名,宗則と称した。早くから蘭法医学を学び,20歳で薩摩藩医となった。1856年(安政3),幕府の蕃書調所の教授方手伝となり,61年(文久1)12月,幕府の遣欧使節に通訳兼医師として,福沢諭吉福地源一郎らと随行した。63年7月の薩英戦争では五代友厚(才助)とともに捕虜となり,横浜に護送されたが,イギリス側の黙許のもとに脱艦した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てらじまむねのり【寺島宗則】

1832~1893) 幕末・明治時代の外交官・政治家。薩摩藩出身。薩英戦争後、渡英、帰国して松木弘安の名で幕府に仕えた。維新後参議・外務卿を歴任、条約改正交渉に当たった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺島宗則
てらしまむねのり
(1832―1893)

幕末~明治期の政治家。「てらじまむねのり」ともいう。天保(てんぽう)3年5月23日、薩摩(さつま)藩郷士(ごうし)の家に生まれる。医家松木家の養子となり弘安(こうあん)(弘庵、弘菴)と称す。明治維新後に寺島陶蔵(とうぞう)と改名。蘭学(らんがく)を修めて藩医となり、招かれて蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝、遣欧使節に随員を志願、西洋諸国を視察。1863年(文久3)帰藩して御船奉行(おふねぶぎょう)となる。薩英戦争ののち、1865年(慶応1)藩留学生を引率して再度渡欧し、雄藩連合による封建制変革を藩庁に進言する一方、イギリス外相クラレンドンには幕府の貿易独占を非難し、藩との直接貿易を申し入れ、薩英友好、倒幕促進に貢献。明治新政府成立後は参与などに就任、外交担当の開明派官僚として排外事件の難局を処理、西洋文明導入に尽力した。外務大輔(たいふ)を経て1873年(明治6)征韓論争直後、参議兼外務卿(きょう)に就任、条約改正交渉に着手、アメリカとの間で関税権回復に成功したが、他の列強の承認を条件とされたため条約を発効させえなかった。このほかロシアとの間に樺太(からふと)・千島交換条約を締結、1879年辞任ののちは、政界の第一線から退き、元老院議長、枢密院副議長などを務め、伯爵に叙せられている。学者肌で、とくに語学には堪能(たんのう)であった。明治26年6月6日没。[田中時彦]
『寺島宗則研究会編『寺島宗則関係資料集』上下(1987・示人社) ▽犬塚孝明著『寺島宗則』(1990・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寺島宗則の関連キーワード雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎ロマンティック・バレエポワント長瀬産業大鳥圭介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺島宗則の関連情報