コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺野東遺跡 てらのひがしいせき

大辞林 第三版の解説

てらのひがしいせき【寺野東遺跡】

栃木県小山市にある旧石器時代から平安時代の複合集落遺跡。縄文後期に祭祀が行われた環状盛土遺構や水場遺構が発掘された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

寺野東遺跡【てらのひがしいせき】

栃木県小山市にある縄文中期〜晩期の集落遺跡。1993年,住居跡や水場遺構とともに,直径165m,高さ3mの環状盛土(かんじょうもりつち)遺構が発掘された。この遺構からは耳飾土偶土面や焼けた土,イノシシシカの骨などが多量に出土している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国指定史跡ガイドの解説

てらのひがしいせき【寺野東遺跡】


栃木県小山(おやま)市梁(やな)にある縄文時代中期からの集落跡。鬼怒(きぬ)川支流の田川右岸に南北に延びる宝木台地の東端、標高43m前後に位置する。台地の東側は田川・鬼怒川によって浸食されて沖積地が広がり、南東には筑波山が、遠く北西方向には白根山をはじめ日光連山や赤城山、北には高原山が展望できる。1990年(平成2)からの調査で旧石器時代後期に属する石器が4地点からまとまって発見され、縄文時代中期から晩期の集落跡、古墳時代前期の集落跡、同中期末から後期の群集墳、奈良・平安時代の集落跡などが判明。縄文時代の中期前半からは集落が営まれはじめ、遺跡の中央を北から南に流れる谷の下流を挟んで東西の台地上に、地床炉をもつ5mほどの隅丸方形や円形の竪穴(たてあな)住居跡が分布していたと推定される。盛り土遺構中からは土器片や土偶・石錘(せきすい)や石剣など、多種多様な遺物が発見されている。この遺跡は、縄文時代の集落や社会の構造、生活の様子とその変遷を考察するうえで貴重な資料を提供していることから、1995年(平成7)に国の史跡に指定された。2004年(平成16)には一帯が「おやま縄文まつりの広場」として開園された。JR水戸線結城駅から車で約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

寺野東遺跡の関連キーワード栃木県小山市梁環状盛土遺構栃木県小山市旧石器時代平安時代祭祀

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android