コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対日理事会 たいにちりじかい Allied Council for Japan

6件 の用語解説(対日理事会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対日理事会
たいにちりじかい
Allied Council for Japan

正式には連合国対日理事会アメリカイギリス,ソ連,中国の4ヵ国代表から成る連合国の合同理事会。 1945年 12月 27日のモスクワ外相会議で日本の占領,管理,降伏条項の補足的指令の執行に関し連合国最高司令官と協議し,これに助言を与える目的で設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいにち‐りじかい〔‐リジクワイ〕【対日理事会】

太平洋戦争後の日本を管理するための、連合国軍最高司令官の諮問機関。1945年12月に東京に設置され、米・英・ソ・中の四国代表で構成。52年4月、サンフランシスコ講和条約発効により消滅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

対日理事会【たいにちりじかい】

連合国最高司令官の諮問機関。1945年12月モスクワの米・英・ソ3国外相会議で設置が決定。米・英・ソ・中4国代表からなり連合国最高司令官の諮問に答える。東京で毎月2回定期的に会合し占領政策に助言を与えたが,米ソの対立激化とともに宣伝機関化し,1952年4月サンフランシスコ講和条約発効とともに消滅した。
→関連項目極東委員会GHQ日本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいにちりじかい【対日理事会 Allied Council for Japan】

第2次大戦後,連合国による日本の占領政策を遂行するために設けられた最高司令官の諮問機関。東京に開設。1945年12月,モスクワ外相会議において,極東委員会とともに設置が認められている。理事会は,アメリカ,ソ連,中華民国,イギリス(またはオーストラリアニュージーランドインド)の4ヵ国で構成,議長には連合国最高司令官(代理)が任命された。理事会の目的は〈日本に対する降伏条件の実施,占領及び日本管理についての最高司令官との協議及び勧告〉とされ,最高司令官は〈緊急を要しない限り命令の発出に先立ち理事会と協議し,且つ通告する〉ことが義務づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいにちりじかい【対日理事会】

1945年(昭和20)、日本の占領・管理の実施にあたるため東京に設置された、連合国最高司令官の諮問機関。米・英・ソ連・中国四か国代表によって構成された。52年4月解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対日理事会
たいにちりじかい
Allied Council for Japan

第二次世界大戦後、連合国が設置した対日占領管理機関の一つ。1945年(昭和20)12月モスクワで開かれた米英ソ三国外相会議においてワシントン極東委員会、東京に対日理事会の設置が決定された。連合国最高司令官の諮問機関で、アメリカ、イギリス連邦、ソ連、中国の四者によって構成された。イギリス連邦は、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、インドの四か国を代表していた。
 理事会は単なる諮問機関であり、ただ「管理制度や日本の基本的統治組織、日本政府全体の変更」に関する政策にのみ、最高司令官に協議が義務づけられていたが、適用例はなかった。1946年4月、第1回会議が開かれ、初期には農地改革をめぐって活発な論議が行われ、マッカーサー最高司令官への勧告案が採択(1946年6月)され、占領政策に一定の影響を与えたが、やがて、冷戦に伴う米ソの対立の激化のなかで、理事会は宣伝機関化し実質的討議の機能を失っていく。52年4月、対日講和条約の発効とともに消滅した。[山田敬男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対日理事会の関連キーワードGHQ戦犯同盟国連合国occupySCAPハリーSトルーマン対日占領政策民同運動占領政策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対日理事会の関連情報