コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉正恒 おぐらまさつね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉正恒
おぐらまさつね

[生]1875.3.22. 石川
[没]1961.1.20. 東京
実業家,政治家。戦前の住友財閥の総帥。東京帝国大学卒業後,内務省に入り,1899年住友別子鉱業所支配人鈴木馬左也 (のちに住友総理事) の推薦により住友合資に入社。 1930年住友総理事に就任,住友財閥の最高責任者となった。以来 41年4月まで 10年余総理事の地位にあって,企業体としての住友の育成,近代化に尽力した。この間,33年貴族院議員に勅選され,第2次近衛文麿内閣の国務相,第3次同内閣の蔵相に就任した。戦後公職追放となり 51年解除になったが,政財界活動には一切復帰しなかった。伝記編纂会編刊『小倉正恒』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おぐら‐まさつね〔をぐら‐〕【小倉正恒】

[1875~1961]実業家政治家。石川の生まれ。内務官僚から転身して住友本社総理事。戦時体制下の財界を指導した。第三次近衛内閣蔵相。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉正恒 おぐら-まさつね

1875-1961 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治8年3月22日生まれ。内務省をへて,明治32年住友にはいり,昭和5年総理事となる。8年貴族院議員。第2・第3次近衛内閣の国務相,蔵相をつとめ,17年戦時金融金庫総裁となった。昭和36年11月20日死去。86歳。石川県出身。東京帝大卒。著作に「小倉正恒談叢」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぐらまさつね【小倉正恒】

1875~1961) 実業家。金沢市生まれ。東大卒。住友財閥の重職にあり、戦前の財界を指導。第三次近衛内閣の蔵相。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉正恒
おぐらまさつね
(1875―1961)

実業家、政治家。住友財閥の最高経営者(総理事)。旧加賀藩士小倉正路の長男として石川県金沢市に生まれる。1897年(明治30)東京帝国大学英法科を卒業し、内務省に入り、山口県参事官となる。1899年鈴木馬左也(すずきまさや)(当時住友本店理事兼別子鉱業所支配人、のち総理事)の勧めにより住友に入る。1900年から2年余の欧米留学(商務研究)を経て本店副支配人心得として勤務。その後累進し、1930年(昭和5)住友合資会社総理事となる。1937年、三井、三菱(みつびし)両財閥に先駆けて、住友合資会社を株式会社住友本社に改組し、住友財閥の組織面での近代化に貢献した。1941年住友本社を退職するとともに、第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の国務大臣、第三次近衛内閣の大蔵大臣に就任した。漢学の素養が深く、剣と禅についても修養を積んだ。第二次世界大戦後公職追放されたが、石門心学会会長、修養団後援会会長などを務め、その道徳的思想は経営理念にも大きな影響を及ぼした。[石川健次郎]
『小倉正恒伝記編纂会編・刊『小倉正恒』(1965)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小倉正恒の関連キーワード細野 燕台古田俊之助日向方斉日高輝重職戦前

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android