コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小岩井浄 こいわい きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小岩井浄 こいわい-きよし

1897-1959 大正-昭和時代の社会運動家,教育者。
明治30年6月9日生まれ。弁護士となり,大正11年共産党にはいる。のち河上肇(はじめ)らと新労農党を結成。昭和12年検挙され,転向して中国にわたる。戦後,愛知大を設立し,教授,学長となった。昭和34年2月19日死去。61歳。長野県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こいわいきよし【小岩井浄】

1897‐1959(明治30‐昭和34)
大正・昭和期の社会運動家。長野県で中農の長男として生まれる。東大法学部在学当時は新人会で活躍し,風早八十二,細迫兼光らを知る。卒業後,大阪で労農弁護士として多くの争議を担当するかたわら,大衆との連帯の重要性を知って,1926年の労働農民党,29年の新労農党結成に尽力。1923年の第1次共産党事件では共産党大阪支部長として,31年には日本赤色救援会大阪地方委員長として検挙され,その後も人民戦線を模索するが,37年の検挙で転向。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小岩井浄
こいわいきよし
(1897―1959)

社会運動家。長野県生まれ。1919年(大正8)東京帝国大学入学後、新人会会員として活躍。卒業後弁護士となり、大阪地方の社会運動に参加し共産党大阪支部長となる。23年第一次共産党事件で検挙。27年(昭和2)には労農党に加わるが、福本イズムには批判的で、29年大阪市議に当選し、同年新労農党を結成した。30年新労農党解消運動に加わり、大阪府議に当選する。35年加藤勘十(かんじゅう)らと『労働雑誌』を創刊。労働戦線の統一と人民戦線運動に尽力し、37年検挙された。敗戦後、愛知大学学長となる。[赤澤史朗]
『岩村登志夫著『日本人民戦線史序説』(1971・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小岩井浄の関連キーワード川上貫一志賀義雄昭和時代教育者