コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柴胡湯加桔梗石膏 しょうさいことうかききょうせっこう

1件 の用語解説(小柴胡湯加桔梗石膏の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しょうさいことうかききょうせっこう【小柴胡湯加桔梗石膏】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡黄芩(おうごん)半夏(はんげ)人参(にんじん)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)桔梗石膏などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などの処方「小柴胡湯」に、日本で桔梗と石膏を加えたもの。扁桃(へんとう)炎扁桃周囲炎咽頭(いんとう)炎などに用い、腹部周辺の圧迫感、食欲不振、悪心(おしん)といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力は中程度の人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小柴胡湯加桔梗石膏の関連キーワード漢方薬和漢薬薬酒柴胡草薬方薬三島柴胡上薬処方薬動脈硬化と漢方薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone