小柴胡湯加桔梗石膏(読み)しょうさいことうかききょうせっこう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しょうさいことうかききょうせっこう【小柴胡湯加桔梗石膏】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡黄芩(おうごん)半夏(はんげ)人参(にんじん)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)桔梗石膏などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などの処方「小柴胡湯」に、日本で桔梗と石膏を加えたもの。扁桃(へんとう)炎扁桃周囲炎咽頭(いんとう)炎などに用い、腹部周辺の圧迫感、食欲不振、悪心(おしん)といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力は中程度の人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android