コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小沼丹 おぬま たん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沼丹 おぬま-たん

1918-1996 昭和後期-平成時代の小説家,英文学者。
大正7年9月9日生まれ。昭和33年母校早大の教授。井伏鱒二(ますじ)に師事し,大学在学中から筆をとる。日常を題材に知的なユーモアをまじえた短編小説をかく。45年「懐中時計」で読売文学賞,50年「椋鳥(むくどり)日記」で平林たい子文学賞。芸術院会員。平成8年11月8日死去。78歳。東京出身。本名は救(はじめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

おぬま‐たん〔をぬま‐〕【小沼丹】

[1918~1996]小説家・英文学者。東京の生まれ。本名、救(はじめ)。井伏鱒二に師事。日常を題材にユーモアをまじえた作風で知られる。「懐中時計」で読売文学賞、「椋鳥(むくどり)日記」で平林たい子文学賞受賞。他に「村のエトランジェ」「銀色の鈴」など。芸術院会員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小沼丹
おぬまたん
(1918―1996)

小説家、英文学者。本名救(はじめ)。東京生まれ。明治学院高等部在学中に井伏鱒二(いぶせますじ)を愛読して知遇を得、師事する。早稲田(わせだ)大学英文科時代から『早稲田文学』などに作品を発表し、第二次世界大戦後は早大で教鞭(きょうべん)をとる。芥川(あくたがわ)賞候補となった小説『村のエトランジェ』(1954)や、1970年度(昭和45)の読売文学賞を受けた作品集『懐中時計』(1969)のほか、作品集『白孔雀(しろくじゃく)のゐるホテル』(1955)、『銀色の鈴』(1971)、『藁屋根(わらやね)』(1975)、イギリスでの経験に基づく『椋鳥(むくどり)日記』(1974)などがあり、私小説的結構のなかに、ユーモアとペーソスの漂う独特な味わいをもつ。[柳沢孝子]
『『小沼丹作品集』全5巻(1979~80・小沢書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小沼丹の関連キーワード宮城谷昌光立松和平擬人法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小沼丹の関連情報