コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田稔 おだみのる

3件 の用語解説(小田稔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小田稔
おだみのる

[生]1923.2.24. 北海道
[没]2001.3.1. 東京
物理学者。 1944年大阪大学理学部卒業。 1950年大阪市立大学助教授に就任するが,1953年には招かれてマサチューセッツ工科大学で研究。 1956年東京大学原子核研究所教授,1963年再びマサチューセッツ工科大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田稔 おだ-みのる

1923-2001 昭和後期-平成時代の宇宙物理学者。
大正12年2月24日生まれ。小田滋の兄。昭和41年東大宇宙航空研究所(のち文部省宇宙科学研究所)教授となり,59年所長。63年理化学研究所理事長,平成6年東京情報大学長。すだれコリメータの発明とX線天文学への寄与で,昭和50年学士院恩賜賞。平成5年文化勲章。平成13年3月1日死去。78歳。北海道出身。大阪帝大卒。著作に「X線天文学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小田稔
おだみのる
(1923―2001)

天文学者、宇宙物理学者。札幌市生まれ。1944年(昭和19)大阪帝国大学理学部物理学科卒業後、1946年(昭和21)同大学理学部助手、1950年大阪市立大学理工学部助教授。1956年東京大学原子核研究所助教授となり、1963年マサチューセッツ工科大学客員教授として渡米。1966年に東京大学宇宙航空研究所教授。1981年に文部省宇宙科学研究所(東京大学宇宙航空研究所が改組)教授、1984年から1988年まで研究所所長を務めた。1993年(平成5)文化勲章、1997年勲一等瑞宝章(ずいほうしょう)を受章。X線天体観測機「すだれコリメータ」の考案によりX線源の位置測定精度を飛躍的に向上させ、日本の宇宙線物理学およびX線天文学を世界的なレベルにまで引き上げた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田稔の関連キーワード大辻清司越智武臣島田一男(2)杉岡碩夫辻隆辻広永沢満野崎貢野平健一吉田進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小田稔の関連情報