コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最高戦争指導会議 さいこうせんそうしどうかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最高戦争指導会議
さいこうせんそうしどうかいぎ

太平洋戦争末期,戦争指導の基本政策の策定,政治,戦術の調整にあたった機関。 1944年8月5日,従来の大本営政府連絡会議にかわる常置機関として発足したもので,構成員は首相,外相陸相海相参謀総長軍令部総長で,必要に応じて枢密院議長や他の国務大臣,参謀次長,軍令部次長が列席し,内閣書記官長,内閣総合計画局長官,陸海軍省軍務局長4名が幹事となった。しかし国務統帥分立を解消するものとはならず,ポツダム宣言受諾の際にも統一意思を形成することができなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

最高戦争指導会議【さいこうせんそうしどうかいぎ】

1944年8月小磯国昭内閣大本営政府連絡会議を廃して,内閣の指導の下に国務(政府)と統帥(大本営)との一元化を図るために設けた戦争指導機関。構成は首・外・陸・海の4相と参謀総長・軍令部総長。
→関連項目大本営政府連絡会議

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいこうせんそうしどうかいぎ【最高戦争指導会議】

太平洋戦争末期の日本の最高戦争指導機関。政戦両略(国務と統帥)の一致を実現するため,小磯国昭首相の提唱により1944年8月5日大本営政府連絡会議を廃止して設置された。会議の目的は,〈戦争指導ノ根本方針ノ策定及政戦両略ノ吻合調整ニ任ズル〉ことにあり,会議は宮中で開かれ,重要案件の審議には天皇も臨席し,首相,外相,陸相,海相,参謀総長および軍令部総長の6名を正式の構成員,内閣書記官長,陸軍省,海軍省の両軍務局長を幹事とし,必要に応じて他の国務大臣,参謀次長,軍令部次長,枢密院(すうみついん)議長を出席させることとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいこうせんそうしどうかいぎ【最高戦争指導会議】

1944年(昭和19)小磯内閣が設置した戦争政策の最高決定機関。大本営政府連絡機関に代わって戦争指導の一元化を図るために設けたもの。首相・外相・陸相・海相・参謀総長・軍令部総長の六人で構成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最高戦争指導会議
さいこうせんそうしどうかいぎ

太平洋戦争末期の日本の戦争指導機関。軍部が国家機構のなかで独自の位置を占め、加えて陸海軍相互の間にも根深い対立が存在するという状況の下で、日本の戦争指導は国務と統帥(とうすい)、政略と戦略の分離という深刻な問題に直面した。このため、1944年(昭和19)7月に成立した小磯国昭(こいそくにあき)内閣は、戦争指導における総理大臣の発言権の強化を意図し、同年8月4日には、大本営政府連絡会議を廃止し新たに最高戦争指導会議を設置することを決定した。その構成員は参謀総長、軍令部総長、総理大臣、外務大臣、陸・海軍両大臣、幹事は内閣書記官長、陸・海軍省両軍務局長であり、重要案件の審議に際しては天皇が臨席することとされた。しかし官制上の機関として設置されたわけではなく、また実質的にも従来の大本営政府連絡会議の域を出るものではなかった。1945年(昭和20)8月22日廃止。[吉田 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

最高戦争指導会議の関連キーワード太平洋戦争史(年表)鈴木貫太郎御前会議終戦工作阿南惟幾小磯内閣参謀本部ブリス吉田