コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺内寿一 てらうち ひさいち

6件 の用語解説(寺内寿一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

寺内寿一

陸軍軍人。山口県生。寺内正毅の長男。陸軍大学校卒。大正8年伯爵襲爵し、のち台湾軍司令官・大将・広田内閣陸軍大臣・北支那方面軍司令官・元帥を務める。昭和21年(1946)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺内寿一 てらうち-ひさいち

1879-1946 明治-昭和時代前期の軍人。
明治12年8月8日生まれ。寺内正毅(まさたけ)の長男。台湾軍司令官などをつとめ昭和10年陸軍大将。二・二六事件後の広田内閣で陸相となるが,浜田国松議員との「腹切り問答」で内閣総辞職の因をつくった。太平洋戦争では南方軍総司令官として指揮。18年元帥。昭和21年6月12日シンガポール抑留中に病死。68歳。山口県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

てらうちひさいち【寺内寿一】

1879‐1946(明治12‐昭和21)
陸軍軍人(元帥)。山口県出身。寺内正毅の長男。陸軍士官学校(11期),陸軍大学校卒。台湾軍司令官などを経て1936年,二・二六事件の直後に広田弘毅内閣の陸相に就任,〈粛軍〉を掲げつつ陸軍の政治的発言権を強化し,翌37年1月の議会では浜田国松議員との間に論戦を展開して(腹切問答),政党と正面衝突した。その後,教育総監,北支那方面軍司令官などを歴任し41年には南方軍総司令官となり,南方作戦全体を指揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てらうちひさいち【寺内寿一】

1879~1946) 軍人。陸軍大将・元帥。山口県生まれ。二・二六事件後、広田内閣の陸相。1941年(昭和16)南方軍総司令官。敗戦後サイゴンで死亡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺内寿一
てらうちひさいち

[生]1879.8.8. 東京
[没]1946.6.12. ジョホール
陸軍軍人。寺内正毅の長男。 1899年に陸軍士官学校を卒業。 1919年近衛歩兵第3連隊長のとき,伯爵を襲爵。 34年に台湾軍司令官,翌年に大将に昇進した。軍事参議官を経て,36~37年広田弘毅内閣の陸相。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺内寿一
てらうちひさいち
(1879―1946)

陸軍軍人、元帥(げんすい)。山口県出身。陸軍大将・首相寺内正毅(まさたけ)の長男。1899年(明治32)陸軍士官学校、1909年(明治42)陸軍大学校卒業。第五師団長、台湾軍司令官などを経て、1936年(昭和11)3月、二・ニ六事件の直後に陸相候補となり、自由主義的と目された入閣予定者の排除を要求して広田弘毅(ひろたこうき)新内閣の組閣に干渉。同内閣の陸相に就任したのちも軍部の政治介入を強力に推進した。翌1937年1月には、衆議院で軍部を批判する政友会の浜田国松(はまだくにまつ)との間に「腹切り問答」を展開して政党と正面衝突し、このため広田内閣は総辞職に追い込まれた。その後、1941年には南方軍総司令官となって南方作戦を指揮し、敗戦後サイゴンで死亡。[吉田 裕]
『上法快男編『元帥 寺内寿一』(1978・芙蓉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺内寿一の関連キーワード石本新六寺内寺内正毅内閣井上仁郎岡市之助児島惣次郎田中勝津野一輔桃井直幹山口十八

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone