コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎喜八 おざき きはち

3件 の用語解説(尾崎喜八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎喜八 おざき-きはち

1892-1974 大正-昭和時代の詩人。
明治25年1月31日生まれ。武者小路実篤(さねあつ)ら白樺派の影響をうけ,大正11年第1詩集「空と樹木」を刊行。大正末期から登山をはじめ,昭和33年串田孫一らと「アルプ」を創刊した。昭和49年2月4日死去。82歳。東京出身。京華商業卒。詩集に「行人の歌」「花咲ける孤独」など。
【格言など】私は言葉を「物」として選ばなくてはならない(「行人の歌」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おざききはち【尾崎喜八】

1892~1974) 詩人。東京生まれ。詩集「空と樹木」で詩壇に登場。人道的自然詩人として活躍、ロマン=ロランなどの訳書も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾崎喜八
おざききはち
(1892―1974)

詩人。東京・京橋の裕福な回漕(かいそう)店を営む家に生まれる。京華商業学校卒業。英語のほかにドイツ語やフランス語を独学し、訳詩や訳文も多い。若くして高村光太郎の知遇を得て、その感化のもとに詩人として出発する。いわゆる芸術派とも民衆詩派とも距離をおいて、その語学力によってロマン・ロラン、ヘッセ、カロッサなどから文学と人生に関する養分を吸収し、現実社会と一歩隔てた位置で、自然と内面の照応に独自の詩境を深めた。『空と樹木』(1922)以下『田舎(いなか)のモーツアルト』(1966)など多数の詩集と『山の絵本』(1935)などの随想集、『近代音楽家評伝』(1916)などの翻訳もある。[角田敏郎]
『『尾崎喜八詩文集』全10巻(1975・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾崎喜八の関連キーワード井上康文岩佐東一郎上田敏雄加藤一夫木村好子国木田虎雄沢ゆきドン ザッキー英美子正富汪洋

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾崎喜八の関連情報