尾崎喜八(読み)おざききはち

日本大百科全書(ニッポニカ)「尾崎喜八」の解説

尾崎喜八
おざききはち
(1892―1974)

詩人。東京・京橋の裕福な回漕(かいそう)店を営む家に生まれる。京華商業学校卒業。英語のほかにドイツ語やフランス語を独学し、訳詩や訳文も多い。若くして高村光太郎の知遇を得て、その感化のもとに詩人として出発する。いわゆる芸術派とも民衆詩派とも距離をおいて、その語学力によってロマン・ロラン、ヘッセ、カロッサなどから文学と人生に関する養分を吸収し、現実社会と一歩隔てた位置で、自然と内面の照応に独自の詩境を深めた。『空と樹木』(1922)以下『田舎(いなか)のモーツアルト』(1966)など多数の詩集と『山の絵本』(1935)などの随想集、『近代音楽家評伝』(1916)などの翻訳もある。

[角田敏郎]

『『尾崎喜八詩文集』全10巻(1975・創文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「尾崎喜八」の解説

尾崎喜八 おざき-きはち

1892-1974 大正-昭和時代の詩人。
明治25年1月31日生まれ。武者小路実篤(さねあつ)ら白樺派の影響をうけ,大正11年第1詩集「空と樹木」を刊行。大正末期から登山をはじめ,昭和33年串田孫一らと「アルプ」を創刊した。昭和49年2月4日死去。82歳。東京出身。京華商業卒。詩集に「行人の」「花咲ける孤独」など。
格言など】私は言葉を「物」として選ばなくてはならない(「行人の歌」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例