コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾張浜主 おわりのはまぬし

7件 の用語解説(尾張浜主の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾張浜主
おわりのはまぬし

平安時代初期の雅楽家。舞を最も得意とし,唐から帰国後承和 12 (845) 年百十余歳で舞ったという伝説がある。大戸清上 (おおどのきよかみ) の曲に舞をつけたといわれる。『五重記 (ごじゅうき) 』の著者に擬せられるが疑わしい

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おわり‐の‐はまぬし〔をはり‐〕【尾張浜主】

平安初期の雅楽家。笛と舞の名手で、大戸清上(おおとのきよがみ)とともに、仁明(にんみょう)天皇の時代の楽制改革中心人物遣唐使として渡唐している。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾張浜主 おわりの-はまぬし

733-? 奈良-平安時代前期の雅楽家。
天平(てんぴょう)5年生まれ。舞楽の名手として知られ,「応天楽」「拾翠(じゅすい)楽」などの舞をつくったとされる。承和(じょうわ)12年に大極殿で「和風長寿楽」を舞った。当時113歳の高齢で,その舞姿は少年のようであったとつたえられる。また「五重記」をあらわしたともいわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尾張浜主

生年:生没年不詳
平安時代初期の雅楽奏者。雅楽を専業とする狛氏では,楽道の祖として仰ぐ。大観衆を圧倒する舞の名人で,種々の逸話が伝えられる。承和12(845)年1月8日,宮中の大極殿で113歳という背が曲がり起居も不自由な老体で「和風長寿楽」を少年のごとく舞い,1000人の観衆は「近代稀なる舞人」とほめたたえたという。この記録によれば,生年は天平5(733)年となる。承和3年4月に遣唐使と共に唐に渡り,舞と笛を学んで同6年8月に帰国したという記録もあるが,これは104歳から107歳に当たり,信じがたい。

(蒲生美津子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おわりのはまぬし【尾張浜主】

733(天平5)‐?
奈良中期~平安初期の楽師。とくに舞楽に優れ,孝謙天皇のとき〈採桑老〉を舞い,また同天皇の勅により〈蘭陵王〉の桴(ばち)を改めたと伝えられ,833年(天長10)の仁明天皇の大嘗会のために〈応天楽〉〈河南浦〉〈拾翠楽〉の舞を作ったという。839年(承和6)正六位上より外従五位下に昇り,845年正月,上表して〈和風長寿楽〉を舞うことを願い出て許され,最勝会の初日に大極殿前の竜尾道で舞った。時に年113歳であったが,舞い始めると少年のごとく軽やかに舞って満座の称賛を博し,数日後,仁明天皇に召されて,再び清涼殿前で舞った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おわりのはまぬし【尾張浜主】

733~?) 平安前期の楽人。日本雅楽の形成に尽力、「拾翠楽」「応天楽」などを作舞した。一一三歳の高齢でも身軽に舞ったという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾張浜主
おわりのはまぬし
(732/733―846?)

平安初期の雅楽家。笛、舞の始祖といわれる。孝謙(こうけん)天皇の勅により『陵王(りょうおう)』の舞を改作したり、仁明(にんみょう)天皇の御即位大嘗会(だいじょうえ)(834)に『応天楽』『拾翠楽(じゅすいらく)』『河南浦(かなんふ)』の舞をつくるなど、大戸清上(おおとのきよかみ)とともに平安朝の楽制改革を進める。835年(承和2)から4年間遣唐使として渡唐。845年には自作の『和風長寿楽(わふうちょうじゅらく)』(一説に『春鶯囀(しゅんのうでん)』)を113歳で少年のように舞って景勝会千人の観衆を感嘆させ「七代(ななつぎ)の御代(みよ)に遇(まわ)へる百(ももち)余り十の翁(おきな)の舞ひ奉る」の歌を献じたという。楽道書『五重記(ごじゅうき)』(772)を著す。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾張浜主の関連キーワード夷俘右方の楽家領左方の楽勅撰集鎮兵舞人京都府八幡市下奈良中ノ坪楽得入南都方

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone