コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の音 ヤマノオト

デジタル大辞泉の解説

やまのおと【山の音】

川端康成小説昭和24年(1949)から昭和29年(1954)にかけて発表。年老いた主人公が息子の嫁に抱く情愛や死への恐怖を描く。昭和29年(1954)、第7回野間文芸賞受賞。同年映画化された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまのおと【山の音】

川端康成長編小説。1949年から54年にかけて文芸各誌に分載されて成った。家庭きずなに煩わされない男女の純粋培養された恋愛を描くことの多かった作者が,珍しく家庭を描いて注目された作。尾形信吾と妻保子の老夫婦,長男修一と嫁の菊子,夫相原と離別して2児を連れて実家に帰った長女房子の3家族構成からなる。場面は3家族の住む鎌倉の家庭と,信吾・修一が同会社に勤務する東京と,信吾が憧れていた美貌義姉(保子の姉)の住んでいた信州の3ヵ所にわたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまのおと【山の音】

小説。川端康成作。1954年(昭和29)刊。戦後の世相を背景に、老年を迎えた信吾が抱く、長男の嫁菊子へのプラトニックな愛情を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山の音
やまのおと

川端康成(やすなり)の長編小説で戦後の代表作。1949~54年(昭和24~29)『改造文芸』など諸誌に分載、54年筑摩(ちくま)書房より刊行。野間文芸賞受賞。還暦を過ぎた信吾(しんご)は山の鳴る音を聞き、死の予告かと恐怖に襲われた。味けない生涯を送り、死も近いと思われる信吾に、息子修一の嫁菊子(きくこ)が生の明かりと思われたりする。しかし菊子に対する自分の内奥の欲望に気づいたとき、信吾は菊子を自分から引き離し、老いと死に対することを決意する。老年の夢と悲哀と覚悟とを季節の流れを背景に描いた象徴的作品。能や俳諧(はいかい)の伝統も流れている。[羽鳥徹哉]
『『山の音』(旺文社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山の音の関連キーワードJ. フェルナンデスポクポク山の音楽隊イワン ジューブ川端康成(年譜)成瀬 巳喜男中北 千枝子川端 康成玉井 正夫山村 聡風俗小説上原 謙花めく戦後愛情背景世相行叡延鎮哀切暗点

山の音の関連情報