コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中節 ヤマナカブシ

5件 の用語解説(山中節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまなか‐ぶし【山中節】

石川県の山中温泉地方でうたわれる民謡。盆踊り甚句から出て、浴客相手の座敷歌に変わった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山中節【やまなかぶし】

石川県の代表的民謡。山中温泉地方の古い盆踊甚句が座敷歌になったもの。日本民謡の中でも情緒あるゆったりとしたタイプの典型。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまなかぶし【山中節】

石川県江沼郡山中温泉を中心にうたわれる三味線調の座敷歌。もとはこの地方の盆踊甚句で,テンポのはやい,節回しも簡単なものであったのが,北海道帰りの出稼ぎ漁師や船頭たちがもち帰った歌の影響などで変化し,浴客相手の座敷歌として定着したと思われる。〈忘れしゃんすな 山中道を〉をはじめとする歌詞が,独特の節回しと相まって興趣をもりあげ,人気の高い民謡のひとつ。【仲井 幸二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山中節
やまなかぶし

石川県の山中温泉地方で歌われてきた民謡。もとは山中温泉周辺の農村で歌われていた盆踊りの「甚句(じんく)」であった。七七七五の下の句の七五をそのまま繰り返す早間(はやま)の唄(うた)であったのが、いつのまにか酒盛り唄となって花柳界に入り、下の句の繰り返しがなくなって、早間の騒ぎ唄に変化した。ところが、米八と名のって山中温泉のお座敷へ出た芸者が、義太夫(ぎだゆう)を下地にして、この早間の唄を今日のようなのんびりした節回しに変えたという。近年『鉄砲猪(しし)』とよばれる早間の騒ぎ唄も歌われている。温泉地の民謡としては、群馬県の『草津節』とともによく知られている。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山中節の関連情報