コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中鹿介 やまなかしかのすけ

百科事典マイペディアの解説

山中鹿介【やまなかしかのすけ】

戦国時代の武将。尼子(あまこ)十勇士の一人。名は幸盛(ゆきもり)。尼子義久に仕え勇名高く,1566年尼子氏が毛利氏にくだったのち京都にのがれて主家の再興をはかった。
→関連項目尼子氏鹿野[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまなかしかのすけ【山中鹿介】

?‐1578(天正6)
戦国時代の武将。実名幸盛。出雲尼子氏の家臣。1566年(永禄9)尼子義久が毛利氏に降伏して以後,京都東福寺にあった尼子勝久を擁立して立原久綱らとともに尼子氏再興に尽力した。69年豊後の大友義鎮(よししげ)と連携して隠岐に挙兵,一時出雲の大半を回復した。毛利氏の将吉川(きつかわ)元春の反撃により,71年(元亀2)伯耆末石城を陥されて捕らえられたが京都に脱出した。その後,織田信長の援助をうけ,73年(天正1)因幡に侵入,鳥取城を陥すなど再び吉川勢と戦ったが,76年因幡若桜鬼城を陥されて京都に逃れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山中鹿介
やまなかしかのすけ
(1545―1578)

戦国時代の武将。尼子(あまご)氏の重臣。幼名甚次郎(じんじろう)、元服して名を鹿介幸盛(ゆきもり)と改め、富田(とだ)城主尼子義久(よしひさ)の近習(きんじゅ)となる。後世の軍記物その他の記録では鹿之介あるいは鹿之助と記されている場合が多いが、本人の自署はいずれも鹿介となっている。鹿介の名が初めて『雲陽軍実記』や『陰徳太平記』などの軍記物に登場するのは、1563年(永禄6)毛利元就(もうりもとなり)軍に包囲された尼子の拠点白鹿(しらが)城の救援戦であるが、このとき尼子軍は敗退し、以後尼子勢は富田城に籠城(ろうじょう)し、66年11月ついに落城、尼子氏は滅亡した。落城後出雲(いずも)を去った鹿介は、主家尼子家の再興を画策し、尼子の遺子勝久(かつひさ)を擁して69年島根半島千酌(ちくみ)湾に上陸、尼子の残党を糾合して一時は出雲の大半を奪取したが、翌年2月毛利の援軍と布部山(ふべやま)(安来(やすぎ)市)に戦って大敗し、出雲奪回の夢は断たれた。しかし、その後も執拗(しつよう)に再興を図って各地に転戦、織田信長を頼って、その西征に望みをつないだ。77年(天正5)信長の部将羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉の麾下(きか)に入って毛利攻めに参加し、上月(こうづき)城(兵庫県佐用(さよう)郡佐用町)に主君勝久とともに籠(こも)ったが、78年4月毛利・宇喜多(うきた)の大軍に包囲され、7月3日勝久は自殺、5日落城し、ついに降伏した。鹿介は備中(びっちゅう)松山城(岡山県高梁(たかはし)市)の毛利輝元(てるもと)のもとに護送される途中、高梁川河畔の阿部(あべ)(阿井ともいう)の渡(わた)しで殺された。その生涯は、尼子家再興の執念と毛利氏に対する敵愾(てきがい)心に徹したものであった。[藤岡大拙]
『藤岡大拙著『山中鹿介紀行』(1980・山陰中央新報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山中鹿介の関連キーワード鹿野(鳥取県)月山(島根県)鴻池善右衛門谷口 廻瀾上月[町]鳥取(市)鹿野[町]豊臣秀吉亀井茲矩鴻池新六山中幸盛吉川元春谷口廻瀾亀井氏上月城玉林院

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山中鹿介の関連情報