コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口大口費 やまぐちのおおぐちあたい

3件 の用語解説(山口大口費の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口大口費
やまぐちのおおぐちあたい

飛鳥~白鳳時代に活躍した渡来人の子孫の仏師。『日本書紀』記述中の山口直大口 (やまぐちのあたいおおぐち) と同一人物と考えられる。白雉1 (650) 年詔により『千仏像』を造立,また法隆寺金堂に現存の『四天王像』のうち『広目天像』の光背に名を残し,当時著名な仏師であったことが知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山口大口費【やまぐちのおおぐちのあたい】

飛鳥時代の彫刻師。東漢(やまとのあや)氏の一族。生没年,伝記不詳。法隆寺金堂の四天王立像のなかの広目天光背に作者の一人として刻銘されている。日本書紀孝徳天皇白雉(はくち)元年(650年)の条に,勅命により千仏像を刻んだと記載のある山口直大口と同一人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちのおおぐちのあたい【山口大口費】

飛鳥時代,7世紀半ばころ活躍した仏師。生没年不詳。法隆寺金堂の四天王のうち広目天像付属の光背裏面に〈山口大口費上而次木二人作也〉,多聞天の光背裏には〈薬師徳保上而鉄師古二人作也〉との刻銘があり,四天王像をこれらの4人が制作したと思われる。このうち山口大口費は《日本書紀》孝徳天皇白雉元年(650)条に詔を奉じて千仏像を刻したとある〈漢山口直大口(あやのやまぐちのあたいおおくち)〉と同一人物と思われ,渡来人阿知使主(あちのおみ)を祖と称した東漢(やまとのあや)氏である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山口大口費の言及

【飛鳥美術】より

…650年には中大兄皇子等が,7m四方にも及ぶ巨大な釈迦浄土図の繡帳を納めているが(《大安寺資財帳》),これは新たな浄土変相図の到来を告げるものである。《日本書紀》にはこの年漢山口直大口(あやのやまぐちのあたいおおくち)が詔によって千仏像を刻したとあり,また法隆寺金堂四天王像の広目天像の光背には〈山口大口費(あたい)〉の銘があり,同一人とみられるところから,四天王像もほぼこの頃の作と考えられている。四天王像は止利様式の頭大短軀の不調和を脱して,人体比率に近づき,体軀にわずかな屈曲を試み,天衣も側面に向けて湾曲し単調を避けるなど,正面観照を維持しながらも側面観照への指向がみられる。…

※「山口大口費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山口大口費の関連キーワード大化改新大仏師ベンチャロン飛鳥京跡飛鳥夕映え 蘇我入鹿巨勢是重内藤藤一郎山田峨山里風《飛鳥時代寺院址の研究》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone