コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎の戦い やまざきのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎の戦い
やまざきのたたかい

天正 10 (1582) 年6月 13日に山城国乙訓郡大山崎村周辺で行われた豊臣秀吉明智光秀の戦い。同年6月2日本能寺で織田信長が光秀の反逆にあって死ぬと,備中高松城を攻略中であった秀吉は,ただちに毛利氏と和し,中国在陣中の織田方の武将を率いて東上し,尼崎を経て同 12日天神馬場に着き,光秀は京都から大山崎に出てこれと対陣,翌 13日早朝天王山で戦端が開かれた。光秀の軍は敗色が濃く,一時青竜寺城に退いたが,伏見山崎に入った秀吉の急追が激しく,光秀は再挙をはかるため居城坂本に逃れようとして伏見を過ぎ,小栗栖 (おぐるす) を通過中殺害された。この戦いで秀吉は全国統一への主導権を握った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまざき‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【山崎の戦い】

天正10年(1582)中国征討中の羽柴秀吉本能寺の変を知って毛利氏と和議を結んで引き返し、山城の山崎明智光秀を破った戦い。秀吉の全国制覇の緒戦となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまざきのたたかい【山崎の戦い】

1582年六月、本能寺の変を知って備中から兵を返した羽柴秀吉が、山城国大山崎で明智光秀を打ち破った合戦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎の戦い
やまざきのたたかい

1582年(天正10)6月、本能寺の変のあと、羽柴秀吉(はしばひでよし)(豊臣秀吉(とよとみひでよし))が山城国(やましろのくに)山崎(京都府乙訓(おとくに)郡大山崎町)で明智光秀(あけちみつひで)を討った戦い。本能寺の変の起こったとき秀吉は、毛利輝元(もうりてるもと)の部将清水宗治(しみずむねはる)の備中(びっちゅう)高松城を水攻めにしていた。信長の死を知った秀吉は、それを秘して毛利氏と講和を結び、2日後には姫路城に戻って軍備を整え、そのあと摂津国富田(とんだ)(大阪府高槻(たかつき)市)まで進軍した。その間、高山右近(たかやまうこん)、細川幽斎(ほそかわゆうさい)、筒井順慶(つついじゅんけい)らが秀吉に味方し、秀吉勢は約2万6000ほどとなった。一方、光秀は、毛利氏が秀吉の背面をつくものと期待したが、毛利氏は呼応せず、光秀は約1万6000の兵をもって山崎で対陣した。合戦は1日で終わり、光秀は敗走の途中、山城国小栗栖(おぐるす)で土民に襲撃されて死んだ。山崎の合戦に勝利した秀吉はそのあと天下統一の道を進む。それとともに太閤検地(たいこうけんち)を施行し始める。[北島万次]
『高柳光寿著『明智光秀』(1958・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山崎の戦いの関連キーワード山崎(京都府、大阪府)安土桃山時代(年表)小牧・長久手の戦い羽柴秀勝(1)井戸良弘(1)大山崎(町)中国大返し八幡(市)蜂須賀家政四方天兵衛大山崎町丹羽長秀羽柴秀長亀井茲矩勝竜寺城福知山城加藤清正石田三成斎藤利三高山右近

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎の戦いの関連情報