コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎の戦い やまざきのたたかい

4件 の用語解説(山崎の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎の戦い
やまざきのたたかい

天正 10 (1582) 年6月 13日に山城国乙訓郡大山崎村周辺で行われた豊臣秀吉明智光秀の戦い。同年6月2日本能寺織田信長が光秀の反逆にあって死ぬと,備中高松城を攻略中であった秀吉は,ただちに毛利氏と和し,中国在陣中の織田方の武将を率いて東上し,尼崎を経て同 12日天神馬場に着き,光秀は京都から大山崎に出てこれと対陣,翌 13日早朝天王山で戦端が開かれた

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまざき‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【山崎の戦い】

天正10年(1582)中国征討中の羽柴秀吉本能寺の変を知って毛利氏と和議を結んで引き返し、山城の山崎明智光秀を破った戦い。秀吉の全国制覇の緒戦となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やまざきのたたかい【山崎の戦い】

1582年六月、本能寺の変を知って備中から兵を返した羽柴秀吉が、山城国大山崎で明智光秀を打ち破った合戦。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎の戦い
やまざきのたたかい

1582年(天正10)6月、本能寺の変のあと、羽柴秀吉(はしばひでよし)(豊臣秀吉(とよとみひでよし))が山城国(やましろのくに)山崎(京都府乙訓(おとくに)郡大山崎町)で明智光秀(あけちみつひで)を討った戦い。本能寺の変の起こったとき秀吉は、毛利輝元(もうりてるもと)の部将清水宗治(しみずむねはる)の備中(びっちゅう)高松城を水攻めにしていた。信長の死を知った秀吉は、それを秘して毛利氏と講和を結び、2日後には姫路城に戻って軍備を整え、そのあと摂津国富田(とんだ)(大阪府高槻(たかつき)市)まで進軍した。その間、高山右近(たかやまうこん)、細川幽斎(ほそかわゆうさい)、筒井順慶(つついじゅんけい)らが秀吉に味方し、秀吉勢は約2万6000ほどとなった。一方、光秀は、毛利氏が秀吉の背面をつくものと期待したが、毛利氏は呼応せず、光秀は約1万6000の兵をもって山崎で対陣した。合戦は1日で終わり、光秀は敗走の途中、山城国小栗栖(おぐるす)で土民に襲撃されて死んだ。山崎の合戦に勝利した秀吉はそのあと天下統一の道を進む。それとともに太閤検地(たいこうけんち)を施行し始める。[北島万次]
『高柳光寿著『明智光秀』(1958・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎の戦いの関連キーワード最上家親先負ドゥーマハードル競走愛宕連歌時の記念日日本茶の日東京遷都残留孤児・婦人訴訟判決佐々清蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎の戦いの関連情報