コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本利兵衛(3代) やまもと りへえ

2件 の用語解説(山本利兵衛(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本利兵衛(3代) やまもと-りへえ

1770-1838 江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。
明和7年生まれ。2代山本利兵衛の子。仁孝天皇即位の際,調度に蒔絵をほどこし,亀甲形の印籠(いんろう)や千鳥形の杯などの作品をのこす。狩野(かのう)派の吉田元陳にまなび,宮中の屏風に山水をえがいた。天保(てんぽう)9年死去。69歳。名は光春。号は嶺月。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本利兵衛(3代)

没年:天保9(1838)
生年:明和7(1770)
江戸後期の蒔絵師。名は光春,嶺月と号した。蒔絵師山本利兵衛家の3代目で,2代周三の子。初代利兵衛武継は,丹波国(京都府)桑田郡に生まれた。宝永年間(1704~11)のころ京に出,吉文字屋某の弟子となって漆芸の技を極めた。正徳4(1714)年に独立開業し,「室町通今出川下ル」に住したという。初代はじめ,歴代の利兵衛は天皇即位の調度制作を承り,3代光春も,文化14(1817)年に仁孝天皇の即位調度の蒔絵を命ぜられたと伝える。蒔絵を2代周三に学んで名手と称され,また吉田元陳に狩野派の画技を学ぶなど,多芸の人として知られる。

(小川幹生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本利兵衛(3代)の関連キーワード長野横笛亀井豊鶴川之辺一朋幸阿弥春正蒔絵栗本宗清古満巨柳田付孝則土田宗悦奈良雪勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone