コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山水屏風 せんずいびょうぶ

4件 の用語解説(山水屏風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山水屏風
せんずいびょうぶ

本来は世俗的な一般調度として,ほぼ平安時代を通じ宮中などで使用された絵屏風の一種。 12世紀後半から真言密教の寺院で,灌頂儀式の副次的調度として用いられるようになり,14世紀にはその最も重要な法具の一つとして定着した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんずい‐びょうぶ〔‐ビヤウブ〕【山水×屏風】

山水(さんすい)を主題に描いた屏風。平安時代には宮中などで用いられたが、鎌倉時代以降、密教の灌頂(かんじょう)儀式の調度に転用されるようになり、霊地の風景を描いたものも作られた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山水屏風【せんずいびょうぶ】

真言宗の寺院で灌頂(かんぢょう)の儀式に用いる屏風。図様は風景の中に中国や日本の風俗,人物を描く。原始仏教で山林の中で灌頂を行なったことに由来すると推定される。
→関連項目屏風

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山水屏風
せんずいびょうぶ

山水(さんすい)(風景)を主題に描いた屏風。平安時代には宮中などで盛んに用いられ、また唐絵(からえ)の形式でつくられたものをさした。鎌倉時代以後は真言密教における灌頂(かんじょう)の儀式の際、阿闍梨(あじゃり)の座の背後に立てられるようになり、しだいにこれが慣習化され、密教調度として重用される。最古の遺品、教王護国寺伝来の屏風(京都国立博物館、国宝)は平安時代(11世紀後半)の作で、広遠な山水を背景に草庵(そうあん)の唐詩人を描き、唐絵の様式を伝えるもの。また鎌倉初頭(12世紀末~13世紀初)の神護(じんご)寺のもの(国宝)は、秋の山野の景観に種々の風物を描き込んだ大和(やまと)絵の典型様式になる。これらの屏風には宗教的要素はなく、密教と無関係につくられたものが、のちに寺院の調度に転用されたと思われる。鎌倉後期になると、高野山(こうやさん)の全景を描いた高野山水屏風(堂本家)や真言霊地の風景を描いた金剛峯寺(こんごうぶじ)のものなど、初めから灌頂儀式のためにつくられた屏風の遺品が登場する。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山水屏風の関連情報