山王霊験記(読み)さんのうれいげんき

  • さんのうれいげんき サンワウ‥

世界大百科事典 第2版の解説

日吉山王社(日吉(ひよし)大社)にまつわるさまざまな霊験譚を描いた絵巻で,現存作品に2系統がある。静岡日枝神社本1巻は,後二条関白藤原師通が日吉山の神罰をこうむった説話から本社創立の縁起を説く。損傷はなはだしく,2段,絵1段を残すのみとなっているが,弘安11年(1288)製作・奉納の奥書があり,絵1段の叡山と争う義綱の軍の場面は生彩に富み,鎌倉期大和絵の温雅画風を示す。一方,京都蓮華寺旧蔵本2巻,穎川美術館本1巻,延暦寺本1巻はもと一連の作品で,叡山の僧侶を中心とした伝記にあらわれる日吉山王の霊験譚を集めたもので,《山門僧伝》とも呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日吉(ひえ)山王の創立の由来、霊験などを説いた絵巻。遺品に静岡・日枝(ひえ)神社蔵1巻、和泉(いずみ)市久保惣(くぼそう)記念美術館蔵2巻、西宮(にしのみや)市の穎川(えがわ)美術館蔵1巻、延暦(えんりゃく)寺蔵1巻がある。日枝神社本は1288年(弘安11)の制作で、後二条(ごにじょう)関白師通(もろみち)が日吉山王の神罰を被る場面と日枝神社創建の縁起を描く。ほかの3点は室町期(16世紀)の作で画風等しく、本来一連のものと思われる。

[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

絵巻物。日枝神社の縁起を描いたものと日吉山王(ひえさんのう)の霊験談を説くものの二系統がある。
[一] 静岡県日枝神社蔵。一巻。紙本着色。同社の縁起を図絵としたもので弘安一一年(一二八八)の奥書がある。詞(ことば)は「源平盛衰記」の白山神輿登山事以下に酷似。絵は損傷が著しいが、細く、しかも強い線で描かれた温雅な画風を示す。
[二] 久保惣記念美術館(蓮華寺旧蔵)・滋賀県生源寺ほか蔵。五巻。紙本着色。室町時代初期の作。叡山の僧侶の伝記を中心として日吉山王の霊験談を集めたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android