コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田三良 やまださぶろう

4件 の用語解説(山田三良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田三良
やまださぶろう

[生]明治2(1869).11.18. 奈良
[没]1965.12.17. 東京
国際私法学者。 1895年東京帝国大学法科大学卒業。同大学院で国際私法専攻。 1897年から 1901年にかけてドイツフランスイギリスアメリカに留学。 1900年助教授,01年教授,02年法学博士。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田三良 やまだ-さぶろう

1869-1965 明治-昭和時代の法学者。
明治2年11月18日生まれ。欧米に留学し,国籍法,外人法など国際私法学を研究,その発展につくす。東京帝大教授,京城帝大総長,学士院長,日仏会館理事長などをつとめた。昭和29年文化功労者。昭和40年12月17日死去。96歳。大和(奈良県)出身。帝国大学卒。著作に「国際私法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまださぶろう【山田三良】

1869‐1965(明治2‐昭和40)
国際私法学者。東京帝国大学法科大学教授,京城帝国大学総長,日本学士院長などを歴任。日本の国際私法学の草創期にあってきわめて重要な地位を占める学者であり,穂積陳重の右腕として,国際私法に関する成文法規たる〈法例〉(1898公布)の起草にも関与した。1896年に東京帝国大学法科大学を卒業後,同大学院在学中の97年,排外的思想を背景として提出された民法2条修正案(民法2条に〈外国人ハ法令又ハ条約ニ禁止アル場合ヲ除ク外私権ヲ享有ス〉とあるのは危険だから,これと正反対に〈外国人は法令又は条約に認めたる場合に限り私権を享有す〉と改めるべきであるとする提案)に強く反対する論陣を張り,ついにこの修正案を粉砕したことで広く知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田三良
やまださぶろう
(1869―1965)

国際私法学者。奈良県出身。東京帝国大学法科大学英法科卒業。1895年(明治28)同大学院に入り、国際私法を専攻した。97年ドイツ、フランス、イギリス、アメリカに留学を命ぜられ、1901年(明治34)帰国。同年国際私法講座を担当し、日本の国際私法学の始祖といわれた。研究領域は、法律衝突(抵触法)問題から国籍の得喪問題、外国人の私法上の地位などに及び、諸国の法律を比較研究して内外立法の目的と調和するような衝突法規を発見する、という研究方法を駆使して、国際私法学の発展に貢献した。東大退官後は、京城帝大総長、学士院長、日仏会館理事長などを歴任。著書に『国際私法』など多数ある。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田三良の関連キーワード江川英文雉本朗造柴田桂太白鳥庫吉恒藤恭土方寧分科大学今西竜池原季雄折茂豊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone