コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田抄太郎 やまだしょうたろう

5件 の用語解説(山田抄太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田抄太郎
やまだしょうたろう

[生]1899.3.5. 東京
[没]1970.6.8. 東京
長唄三味線方および作曲家。3世杵屋六四郎 (のち稀音家浄観) の門弟。前名稀音家六治。 41年東京音楽学校講師,43年教授。 50年同校が大学に昇格し,東京芸術大学教授となる。同年本名を名のって長唄研精会から独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

山田抄太郎【やまだしょうたろう】

長唄三味線の演奏家・作曲家。東京生れ。2世稀音家浄観に師事。前名杵屋抄太郎,稀音家六治。1957年東京音楽学校および東京芸術大学の出身者を中心とする長唄の演奏・研究団体〈東音会〉を組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田抄太郎 やまだ-しょうたろう

1899-1970 大正-昭和時代の長唄三味線方,作曲家。
明治32年3月5日生まれ。3代杵屋六四郎(のち2代稀音家(きねや)浄観)にまなび,杵屋六次,のち稀音家六治を名のる。東京音楽学校(現東京芸大)教授をつとめ,昭和25年本名の山田抄太郎にもどる。30年芸術院賞,人間国宝。43年文化功労者。昭和45年6月8日死去。71歳。東京出身。作品に「胡蝶舞」「夜遊楽(やゆうらく)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまだしょうたろう【山田抄太郎】

1899‐1970(明治32‐昭和45)
長唄三味線方・作曲家。杵屋(きねや)三喜代に師事ののち,3世杵屋六四郎(のちの2世稀音家(きねや)浄観)に入門,杵屋抄太郎を名のる。1913年,稀音家六治と改め長唄研精会(研精会)に入る。東京音楽学校講師から教授となり,同校の大学昇格により東京芸術大学教授となる。50年,本名の山田抄太郎にもどり独立。57年東音会を組織して若手の育成に尽力し,作曲,演奏ともに円熟の境地を示した。代表的な作曲に《夜遊楽(やゆうらく)》《胡蝶舞》《橡(とち)の木》などがあり,また,小唄の作曲にも《つくだ流し》《きりぎりす》など余技以上のものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田抄太郎
やまだしょうたろう
(1899―1970)

長唄(ながうた)三味線方。3世杵屋(きねや)六四郎(のち2世稀音家浄観(きねやじょうかん))に師事。前名稀音家六治(ろくじ)。1941年(昭和16)東京音楽学校(現東京芸術大学)講師となり、43年同校教授となる。50年(昭和25)本名の山田抄太郎に戻る。57年、東京音楽学校および東京芸術大学長唄科の卒業生を中心に長唄東音会(とうおんかい)を組織し、初代会長に就任。66年、東京芸術大学名誉教授となる。『夜遊楽(やゆうがく)』『胡蝶(こちょう)舞』『橡(とち)の木』その他、小唄や都をどりの小品を数多く作曲する。55年重要無形文化財保持者に認定。芸術院会員。69年に文化功労者に選ばれた。[渡辺尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山田抄太郎の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画映画理論リジェンダー永堀剛敏RCA市民運動醸造業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone