コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田湾 やまだわん

3件 の用語解説(山田湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田湾
やまだわん

岩手県東部,宮古市釜石市の中間にあり,重茂半島(おもえはんとう)と船越半島にいだかれたほぼ円形の湾。関口川の河口に山田漁港があり,湾内ではホタテガイ,カキ,ワカメの養殖漁業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕山田湾(やまだわん)


岩手県の陸中(りくちゅう)海岸中部にある湾。重茂(おもえ)半島と船越(ふなこし)半島に抱かれる。湾口約4km、奥行き約10kmと奥深く袋状をなし、南北両岸は険しい崖(がけ)が囲む。ワカメ・ホタテガイ・コンブなどの養殖が行われる。湾奥部に山田漁港・大沢(おおさわ)漁港がある。夏季、山田港から船越半島巡りの観光汽船が運航する。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田湾
やまだわん

岩手県東部、陸中海岸にある太平洋の湾入。北の重茂(おもえ)半島、南の船越(ふなこし)半島に抱かれ、湾岸は約25キロメートルに及ぶが、湾口は狭く約1キロメートル。湾内には大沢、山田、織笠(おりがさ)、大浦の漁港がある。湾内のほぼ中央にあるオランダ島(周囲800メートル。大島ともいう)は1643年(寛永20)オランダ船が漂着した島といわれる。ホタテガイ、カキ、ノリなどの養殖施設が湾内の約半分を占め、山田漁港は水揚げ量も多く、遠洋漁業の基地ともなっている。三陸復興国立公園(旧陸中海岸国立公園)域に含まれる。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田湾の関連キーワード陸中海岸陸中国陸中重茂半島恨みの陸中リアス線休暇村陸中宮古津軽・陸中 殺人ルート陸中海岸殺意の旅陸中黒埼灯台船越半島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田湾の関連情報