コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田湾 やまだわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田湾
やまだわん

岩手県東部,宮古市釜石市の中間にあり,重茂半島(おもえはんとう)と船越半島にいだかれたほぼ円形の湾。関口川の河口に山田漁港があり,湾内ではホタテガイ,カキ,ワカメの養殖漁業が盛ん。湾内にはオランダ島(大島)や小島などが浮かび,両岸に続く砂浜は海水浴場としてにぎわう。三陸復興国立公園の景勝地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕山田湾(やまだわん)


岩手県の陸中(りくちゅう)海岸中部にある湾。重茂(おもえ)半島と船越(ふなこし)半島に抱かれる。湾口約4km、奥行き約10kmと奥深く袋状をなし、南北両岸は険しい崖(がけ)が囲む。ワカメ・ホタテガイ・コンブなどの養殖が行われる。湾奥部に山田漁港・大沢(おおさわ)漁港がある。夏季、山田港から船越半島巡りの観光汽船が運航する。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田湾
やまだわん

岩手県東部、陸中海岸にある太平洋の湾入。北の重茂(おもえ)半島、南の船越(ふなこし)半島に抱かれ、湾岸は約25キロメートルに及ぶが、湾口は狭く約1キロメートル。湾内には大沢、山田、織笠(おりがさ)、大浦の漁港がある。湾内のほぼ中央にあるオランダ島(周囲800メートル。大島ともいう)は1643年(寛永20)オランダ船が漂着した島といわれる。ホタテガイ、カキ、ノリなどの養殖施設が湾内の約半分を占め、山田漁港は水揚げ量も多く、遠洋漁業の基地ともなっている。三陸復興国立公園(旧陸中海岸国立公園)域に含まれる。[金野一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山田湾の関連キーワード岩手県下閉伊郡山田町山田[町]山田(町)十二神山山田町奥行きマボヤ千畳敷閉伊崎大沢湾口

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田湾の関連情報