コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐宿 きしく

2件 の用語解説(岐宿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岐宿
きしく

長崎県五島列島南部,福江島の北部地域。旧町名。 1941年町制。 2004年8月福江市および玉之浦富江三井楽奈留町の1市4町と合併し五島市となった。南西部には五島列島中最高の父ガ岳 (460m) がそびえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岐宿
きしく

長崎県西部、南松浦(みなみまつうら)郡にあった旧町名(岐宿町(ちょう))。現在は五島(ごとう)市の中央部南西寄りを占める。旧岐宿町は1941年(昭和16)町制施行、2004年(平成16)福江(ふくえ)市、富江(とみえ)、玉之浦(たまのうら)、三井楽(みいらく)、奈留(なる)の4町と合併、五島市となる。旧町域は五島列島福江島の中央部に位置し、国道384号が東西に走る。中央を流れる鰐川(わんごう)中流の山内(やまのうち)盆地は五島の穀倉をなす米作地帯、下流部は低平な溶岩台地で畑作を主とする。中心集落の岐宿地区は唐船(とうせん)ノ浦に臨み、鰐川の河口近くにある。岐宿港は、魚類や農産物の積出し港。付近には弥生(やよい)時代の寄神(よりがみ)貝塚(県の史跡)があり、八朔(はっさく)鼻には五島随一の水揚げを誇る定置網がある。また、白石(しろいし)湾は遣唐使船の寄泊地であった。また、キリシタン信仰の地で、現在も教会を有するカトリック集落があり、白石湾を望む高台に白亜の水ノ浦教会が、楠原(くすはら)地区には赤レンガ造りの楠原教会がたつ。湾内は波静かで、湾口を網で締め切ってハマチ、タイ、イセエビを蓄養している。西部の大川原(おおがわら)地区には大川原ダムがある。過疎化に伴い無人島になった姫(ひめ)島も町域に含まれる。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岐宿の関連キーワード福江五島上五島空港福江空港福江港福江[市]岐宿〈町〉富江〈町〉福江〈市〉長崎県五島市福江町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐宿の関連情報